2017/01/23(月) 00:17 【 EDIT

【確かめたくて。】

進むべき方向を見失ってしまったら、

ちょっとだけ立ち止まってみる。


ずっと残る。自分のなかに他人が。同化したカタチで。



もっともっと近づきたいのに。


その残像を、優しいぬくもりを

確かめたくて。
-----------------------------------------------------------------------------
BGM:「君のいない冬」 作詞:micca 作曲:Yoshinori Ohashi Album「PARODY (By 大橋トリオ)」より
J-Lyric.net / Uta-Net
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
2015/01/15(木) 23:13 【 EDIT

【 同化 】

”おはよう”から”おやすみ”まで

呆れるほど、一緒にいたね。


まだ覚えてる。

近づいていくことの先は、同化。

同化すると、認識できなくなる。ある意味で。消えたように。


そんな言い方も大好きで。

だから余計に、会えなくて。


確かめる勇気が足りないまま

幾つも季節が過ぎてしまったけれど。


”さよなら”は言わせてくれなかった、ね。


消えてしまったキミへ。
-----------------------------------------------------------------------------
BGM:「しあわせのBlue feat.YOSHIKA」 作詞:大貫妙子 作曲:冨田恵一
 Album「Shiplaunching(By 冨田ラボ)」より
J-Lyric.net / Uta-Net
-------------------------------------------------------------------------------------------
2014/09/20(土) 09:08 【 EDIT

【 終わりの始まり 】

未来なんて、要らない。

ただふたりきりでいられたなら。


そう思っていたけれど。

あなたは違ったのかな。


彼の口唇が甘く囁く。

愛してる。

それは、終わりの始まり。


形にしたら、崩れてしまうから。

あてもなく漂うように、曖昧なふたり。

名もなき男と女でいたかっただけ、なのに。


だから。

あれ以上、一緒にはいられなかったの。
-----------------------------------------------------------------------------
BGM:「他人の関係 feat. SOIL&“PIMP”SESSIONS」作詞:有馬三恵子 作曲:川口真
J-Lyric.net / Uta-Net
-------------------------------------------------------------------------------------------
2010/12/09(木) 00:31 【 EDIT

【 KISSの温度 】

現在でも忘れられない、

すべてのはじまり。


夜景のキレイな観覧車。

闇が静かに街を染める頃、
溢れ始めたイルミネーションが
まるで涙に滲む景色のようで
そっと、視線を外した。

冴えた月が
誘うように、妖しく煌めく。


”もうすぐ天辺、だよ。”

振り向いたら
キミの顔が近すぎて。

”このヒトにはきっと、抗えない。”

そんな予感は、してた。


ため息が白く染まる季節を迎えると

鮮やかに甦る、KISSの温度。
-----------------------------------------------------------------------------
BGM:「Tonight」 作詞・作曲:KREVA Album「心臓(By KREVA)」より
うたまっぷ.COM / J-Lyric.net
-------------------------------------------------------------------------------------------
2010/08/05(木) 20:16 【 EDIT

【 決心。そして、後悔。 】

繋いでいた手をそっと振りほどいて。

またね、と小さく微笑んでみせた。


振り返ったりしない、と強く心に決めて

最初の一歩を踏みしめた。


急に見晴らしの良くなった左側の風景を

ぼんやりと眺めながら

(もう誰のコトも、傷付けなくて済む。)

そう思った時には既に、


どうしようもなく

キミに、逢いたくなった。


ある夏の決心。そして、後悔。
-----------------------------------------------------------------------------
BGM:「「アイシテル」」 作詞・作曲:清水翔太 Album「Umbrella (By 清水翔太)」より
うたまっぷ.COM / J-Lyric.net
-------------------------------------------------------------------------------------------
2010/07/13(火) 19:10 【 EDIT

【 マイナスイチオク 】

「そんなヤツの事なんか、忘れちゃえよ。」

伸ばしてくれた腕が
抱き寄せてくれたその優しさが、ただ嬉しくて。

恋に堕ちた、と感じたその瞬間から
カウントダウンが始まった。

10・・・9・・・8・・・7・・・

幾つかの風景と
あなたの声が溶けあって
記憶に深く刻み込まれた
切なさのカケラ

6・・・5・・・4・・・

のぞきこんだ瞳の色
交わした甘いキス
その全てが
苦い結晶に変わったとしても

3・・・2・・・1・・・ゼロ

眺めるだけで
味わうコトはないから。
ときどき傷痕が疼くコトはあるけれど。


きっともう、大丈夫。


・・・カウント、マイナスイチオク。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2010/05/25(火) 07:57 【 EDIT

【 雨音 】

屋根を叩く雨音だけが響く。
街の雑音も届かない、ふたりきりの部屋。

好き。

そう言ってキミは笑った、ね。

・・・ぴ、ちょん。

どうして今になって
そんな事ばかり、思い出すんだろう。

・・・ぽ、ちゃん。

どれだけキミを傷つけても。
忘れてしまうなんて、きっと出来ない。

響き続ける、雨音。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2010/05/15(土) 09:42 【 EDIT

【 キミの住む街 】

読みかけの本がどうしても気になって。
もう一度図書館へ行こう。
そう、決めた。

衝動的に家を飛び出そうとしたその瞬間。

(今度こそ、持って行かなくちゃ。)

慌てて掴んだ貸し出しカードをバッグに放り込んで、いざ出発。

鈍色の厚い雲に覆われた空。予想以上に冷たい風。
昨日とはまるで異なる街の表情に戸惑いながらも、足早に通り過ぎる。

(・・・チガウ。)

陸橋を渡りながら無意識のうちに、通り過ぎる列車の行先を目で追っていた。
想い出を辿るように、懐かしい風景を心に描く。

(あの列車に乗ったら。キミの住む街に行ける、ね。)

不意に込み上げるこの淋しさには、今でも慣れない。
遠くから呼ばれたような気がして思わず振り返ったけれど。
誰もいないのを確かめてから、ゆっくりと歩みを進めた。

キミは今でもあの街で、元気に暮らしているのでしょうか。

その答えを確かめる術もないけれど。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2010/04/26(月) 21:45 【 EDIT

【 見つめていられたら 】

平日午前の図書館。

ほんの小さな物音を立てる事すらもはばかられ、
頁を繰る音だけがただ静かに響く。
緊張感に充たされた空間。

キミの気配を捜して、
無意識のままに視線が宙を彷徨う。

(見つけた。)

無防備な背中。
しなやかな指先。
甘い声が、優しく響いてる。

(振り向かないで、そのまま。)

密やかな願いは届かないまま、
互いの視線が重なる。
キミは一瞬、真面目な表情を浮かべて。
それからちょっと照れた様に微笑んでくれる。

(どうか気付かないでいて。)

そっけなく会釈を返してから、
何事もなかったかの様に視線を手元に戻す。


平静を装っていても、隠し切れない。
きっと見抜かれてるこの想い。

遠くから見つめていられたら。

それだけで、シアワセ。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2010/04/23(金) 08:12 【 EDIT

【 永遠に闇の中 】

決して解けないように、強く絡めあった指先。

シーツの海に溺れながら、
気が遠くなる程の、甘いささやき。

その指先で、そのくちびるで、
お互いをひとつひとつ確かめながら、

短い悲鳴のように、繰り返し響く声。

次第に高まってゆく、衝動。


残されたのは、
ため息によく似た「甘い吐息」。

そして全ては、

「永遠に闇の中」
-----------------------------------------------------------------------------
BGM:「哀歌(エレジー)」 作詞・作曲:平井堅 Album「FAKIN' POP (By 平井堅)」より
うたまっぷ.COM:http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=A01979
-------------------------------------------------------------------------------------------