2013/09/10(火) 23:59 【 EDIT

【 Site map 】BUBBLEGUM ※2013年2月16日(土)完結

◆◆◆ 特別編集/bubblegum(バブルガム)【Eternals】全11編 ◆◆◆

No.00 愚者【全てを、白日の下に】 ※逆位置:愚行
No.01 魔術師【真実の行方】 ※逆位置:空回り
No.02 女教皇【衝動】 ※逆位置:我が儘
No.03 女帝【音信】 ※逆位置:情緒不安定
No.04 皇帝【タスケテ】 ※逆位置:横暴
No.05 教皇【気付いて】 ※逆位置:躊躇
No.06 恋人【あの日のままに】 ※逆位置:空虚
No.07 戦車【届けたい、届かない】 ※逆位置:挫折
No.08 正義【遠ざかってゆく】 ※逆位置:偏向
No.09 隠者【決意】 ※逆位置:閉鎖性
No.10 運命の輪【さあ愉快に、憂いなきことを】 ※正位置:定められた運命


************************************************

◇◇◇ BUBBLEGUM REPORT ◇◇◇

未知の世界が、開かれた。

遠い過去の記録から現代に続く足跡を追い求め、
闇組織BUBBLEGUMの全貌を明らかにせよ。

さあ愉快に、憂いなきことを。

【報告書】作成者:ましろ

************************************************

【補足:マークの意味】◆(謎やラビットホール)、※(業務日誌/日々の記録)、★(極秘資料)、◇(日誌/個人的考察)
-------------------------------------------------------------------------------------------
[2013/01/19~02/16]bubblegum(バブルガム)【final:boot】

※ 管理人の私情により、過去記事の更新を中断し、特別編集【Eternals】を更新しました。

【参考資料】 / 【2013.01.19~】BUBBLEGUM REPORT / 【out of game】BUBBLEGUM REPORT / 年表【2013】

[2013/02/10] ※2/9(土)・10(日)業務日誌【hellopierrot(4)との対話
          ※

[2013/02/09] ◇wiki 追跡調査【うしろのしょうめん、だあれ
[2013/02/05] ※心変わり【hellopierrot(3)との対話
[2013/02/04] ※継承【哀れな道化師
[2013/02/02] ※2/2(土)業務日誌【深まる疑惑
          ※道化師の影【hellopierrot(3)登場
          ※足跡【wiki 改変
[2013/01/28] ※1/26(土)・27(日)・28(月)業務日誌【掴めない真意
[2013/01/27] ※wiki設置【真実の欠片
[2013/01/20] ※1/20(日)業務日誌【最期の望み
          ★極秘情報【ピエロの遺言
          ※新たな道化師【hellopierrot(2)登場
[2013/01/19] ◇予感【夢の続き
          ※1/19(土)業務日誌【終わらない解析

-------------------------------------------------------------------------------------------
[2011/12/05~2012/06/03]【bubblegum(バブルガム)】
 ※補足:2011年12月〜2012年6月 BUBBLEGUM【re:boot】


【参考資料】 / 【年表】【資料】【レフチェンコ事件】【国会会議録】【Library

Episode 1-1 Herald the incident [2011/12/07~2012/01/18 完結]

【Mission 1 - 顔を失くしたピエロ -】2011/12/07~12/09

[2011/12/09] ◆Episode 1-1 Herald the incident/顔を失くしたピエロ【予兆~嵐の前触れ


【Mission 2 - Leporidae -】2011/12/12~2012/01/18

[2011/12/16] ※12/16(金)業務日誌【ピエロの嫌な思い出】
[2011/12/17] ※12/17(土)業務日誌【ピエロの聴聞会】※12/18(日)追記
[2011/12/21] ※12/21(水)業務日誌【声を潜めるピエロ
[2011/12/28] ★ハローピエロからのメール【12282011 how low?
[2012/01/02] ※ある男が発信した情報【不可解な文字列
          ◇贝克贝克を追え【ベイカーベイカーパラドクス
[2012/01/12] ※面白い物語【$Bar Million$の扉
          ★極秘情報【$Bar Million$
[2012/01/13] ◇不可解な文字列【unicode
[2012/01/21] ◇不気味に響く声【Noise


Lord of the flies [2012/02/23~03/31]

[2012/02/23] ★ハローピエロからのメール【02232012 how have you been?
[2012/02/24] ※風の便り【Arthur D. Lindsey
          ※記録の復元【一筋の光明
          ★極秘情報【Arthur D. Lindsey文書/記録(1)
          ★極秘情報【Arthur D. Lindsey文書/記録(2)
[2012/02/26] ※新事実の発覚【光と影
          ★極秘情報【Arthur D. Lindsey文書/記録(3)
          ★極秘情報【Arthur D. Lindsey文書/記録(4)
[2012/02/27] ※足跡【途切れたLine
          ★置き手紙【Arthur D. Lindsey文書
[2012/03/03] ※試練【生きる価値
          ★極秘情報【1-3
          ※レステル/ResTel【
          ★極秘情報【2-3
          ※託されたメッセージ【The Sign is 9
          ★極秘情報【3-3
          ★可士生 礼の告白【再来の約束
[2012/03/31] ※上弦の月【BORED & TIRED
          ★極秘情報【BORED & TIRED
          ※可士生の思惑【蜜の味
          ★極秘情報【Code name:Alan

-----------------------------------------------------------------------------
BUBBLEGUM / Episode zero【参考資料】
 ※補足:2011年2月〜9月 BUBBLEGUM【boot】

Episode zero【年表】
Episode zero【資料】
Episode zero【時系列順/確認事項】
Episode zero【Bubblegum News Network】
Episode zero【ハウス/ヒル名】
Episode zero【情報共有サイトの変遷】
Episode zero【始動】

--- BUBBLEGUM CONFERENCE ---

【Ustream】BUBBLEGUM CONFERENCE【スライドデータ】
【Ustream】BUBBLEGUM CONFERENCE【登場人物に関する考察】

--- メモ ---

togetterまとめ ※よしたか(@acfnoid)氏提供
バブルガムに関する記録
contact_dev pass:kashiu

-----------------------------------------------------------------------------
BUBBLEGUM:【参考資料】

[2013/03/14] final:boot 年表【2013年

[2013/02/09] wiki【編集および編集履歴
[2013/01/19] 予備知識【ARGとout of gameについて
          予備知識【out of game / バブルガムについて
[2013/01/15] 特別寄稿【スベテヲ、ハクジツノモトニ
[2012/12/30] 破滅へ【final:boot
[2012/06/04] BUBBLEGUM【ARGの運営について
[2012/03/30] 配信メール【元気ARGサービス終了のお知らせ
[2012/01/13] 配信メール【Episode 1-1 /Mission 2 - Leporidae - その2
[2011/12/26] 配信メール【Episode 1-1 Herald the incident/Mission 2 - Leporidae -
[2011/12/15] facebook【聴講会(質疑応答会)
[2011/12/13] facebook【1-1 Herald the incident
[2011/12/12] Genki Official Website【元気ARG第3弾『bubblegum(バブルガム)』開始のお知らせ
          配信メール【Episode 1-1 Herald the incident/Mission 1 - 顔を失くしたピエロ -
[2011/12/05] 配信メール【新しいARG開始のお知らせ
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
COMMENT(-) / TB(-) / ARG事例 BUBBLEGUM【参考】 / △TOP
2013/02/16(土) 23:58 【 EDIT

BUBBLEGUM:final:boot 年表【2013年】

【2013年】

02/16(土) Hauntedfoolのプロフ欄が「KA.MUS.I.KU.E PAGRU」より「KA.MUS.I.KU.E PAGRU The Hanged Man」へと変更されていた事が判明。02:28:27
        小山恭平(Bar_million のkyo)が椎名の代わりに登場。22:50:54
        チームだいたいよりゲームオーバー宣言。23:51:47
        Bar_Millionより「Auld Lang Syne」宣言。23:54:00
        hellopierrotより「Auld Lang Syne」宣言。23:54:01
        The_Hermit9より「Auld Lang Syne」宣言。23:55:11
02/15(金) 椎名によるwiki編集が終了。22:05:27
02/13(水) Hauntedfool画像変更。18:24:45
02/12(月) 椎名がピエロ2をブロック。01:51:40 ※実際には2013年2月11日(椎名がwikiに記載。)
02/10(日) wiki改変://The Sign is 9. /23:32:29 /テスト
02/09(土) ピエロ4( @hellopierrot4 )発言開始。00:00:04 /黄緑
        Hauntedfool( @Hauntedfool )の存在が明らかにされた。01:24:03 /報告者:ヒロさん
        wikiが大幅に更新される。09:51:19
        各ピエロアカウントの登録日が判明。23:10:18 /報告者:しろっぷサン
         ・ピエロ(椎名):2011/12/23
         ・ピエロ2:2013/1/20
         ・ピエロ3:2013/1/28
         ・ピエロ4:2012/9/4 ←!?
         ・ピエロ48:2013/2/2
02/05(火) ピエロ3が心境を告白。※アイコンと名前の変更予定。
02/04(月) wiki改変://Who are you? I am those who belonged to house blue. /00:19:53 /テスト
        ピエロ2がクライアント変更。00:58:06 /涙を浮かべたピエロ仮面
02/03(日) wiki改変://さあ、愉快に。憂いなきことを。00:37:19 /テスト
        バー・ミリオンがリスト「モッキング・バード」作成。01:24:03 /報告者:しろっぷサン
        リスト「モッキング・バード」:(ピエロ仮面、ワイン、オレンジ)/(ピエロ3、ピエロ2、ピエロ48)
        wiki改変:と思われていたが、細分化され、ハウス・ヒルという独自の組織体を確立し、さまざまな企業や組織、政府にまでそのスパイを潜ませている恐るべき組織である。この組織を止めるには構造を解明しヘッドを潰すしかない /20:50:12 /バブルガム
        wiki改変:ピエロはラーメンが好き。特に好きなのは**の**というラーメン屋 /20:51:07 /@hellopierrot
        wiki改変:テストなどアリエナイ。失敗は死を意味する。20:51:42/テスト
        wiki改変:モノマネ鳥は死を持って償う /20:52:21 /@hellopierrot
        wiki改変:>ハウスとは、>ヒルとは、>ベルゼブブとは、ピエロは死んだ /20:54:17 /バブルガム
02/02(土) ピエロ3( @hellopierrot3 )登場。23:15:48 /ピエロ仮面
        wiki改変:取り消し線。23:18:41 /バブルガム
        wiki改変:Mimus polyglottosが飛び交い、世界は混沌に包まれる /23:36:27 /@hellopierrot
        ピエロ48( @hellopierrot48 )登場。23:37:15 /オレンジ
        wiki改変:Is this some kind of elaborate practical joke? ha ha /23:48:36 /トップページ
        ピエロ(椎名氏)のアイコンを変更。23:55:52
01/27(日) 椎名氏がwiki( http://www52.atwiki.jp/bblgm/ )設置。
        宇野衛( @unoye )のアカウントが発見される。
01/26(土) 椎名氏による調査開始。
01/20(日) メモに残された暗号を解読し、画像を入手。
        ピエロ2( @hellopierrot2 )登場。01:08:14 /ワイン色
        画像の文章はセルビア語で綴られた、ピエロの遺言。
01/19(土) バー・ミリオン( @Bar_Million )およびハローピエロ( @hellopierrot )が発言を再開。
        ピエロとして発言したのは椎名英二氏。帰社途中に倒れていた人物からメモを受け取った。
        ピエロアカウントに登録されたメールアドレスから自動返信が発見される。


-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/02/09(土) 10:21 【 EDIT

BUBBLEGUM:wiki【編集および編集履歴】

--- 編集および編集履歴 ---

該当ページ左上の@メニューより該当項目を選択。

【内容の追加・更新】

ページ編集 「編集」-「ページ編集」


【編集日時や内容の確認】

編集履歴 「表示」-「編集履歴」

 ↓

バックアップ 「編集履歴」-「ソース」 → ソース ソース

※「ソース」の他に「最新版との変更点」「1つ前との変更点」でも確認可。


-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/01/19(土) 00:01 【 EDIT

BUBBLEGUM:予備知識【out of game / バブルガムについて】

「バブルガム」は2011年2月?から9月、2011年12月から2012年6月にかけて行われたARGです。
世界的な秘密組織「バブルガム」の正体を暴き出すこと。これがプレイヤーの目的の一つでした。

バブルガムは第1弾【boot】、第2弾【re:boot】が実施されましたが、いまだ組織の全貌は掴めないまま。
しかし物語は三部作と相場が決まっています。そして・・第3弾【final:boot】へ・・・。

「バブルガム」の幕が開くまでもうしばらくお待ち下さい。

そして【final:boot】は【boot】【re:boot】と同じ世界。過去に起こったことは事実です。
余計な詮索をする必要はありません。

それではその日まで・・・「さあ、愉快に憂い無きことを。」
-----------------------------------------------------------------------------
2013/01/19(土) 00:00 【 EDIT

BUBBLEGUM:予備知識【ARGとout of gameについて】

「バブルガム」は世界的な秘密組織を軸にストーリーが展開する代替現実ゲーム(ARG)です。
代替現実ゲームって何?という方はこちらを御覧ください。http://arg.igda.jp/p/arg.html

ARGとは、ひとことで言うと「現実と虚構が交錯するゲーム」のことです。S社のイベントでいえば「スパイ小作戦」が最も近いかもしれません。Web、メール、電話、リアルな場所、その他様々な場所やメディアを交錯してストーリーは展開していきます。また、ARGはプレイヤーの介入によりストーリーが分岐・展開します。もしかしたらあなたの家のすぐ近くがゲームの重要スポットになっているかも知れません。

ARGでは、様々な人物が登場します。しかしそれがゲーム内の登場人物なのか、実際に同じゲームをしているプレイヤーなのかはわかりません。もしかしたらあなた以外の全員はゲーム側なのかもしれません。そのあたりを推理するのも面白いかも知れませんね。

ARGは「現実と虚構」の境目が存在しません。しかしあえてメタな発言(登場人物に知られたくない発言)をしなければならない場合もありますので、そのときは【OoG】(Out of Game=ゲーム外)を文章内のどこかで宣言します。これを宣言すると、「ゲーム内の登場人物からその発言が見えなくなる」というお約束が発生します。

しかし、そのルールが守られるかどうかはゲームによって異なります。
あるゲームでは、ゲーム内の登場人物が「OoGって何?」と、プレイヤーに問いかける場面がありました。
-----------------------------------------------------------------------------
チームだいたい( @team_daitai )より関連発言を全文転載。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/01/15(火) 23:04 【 EDIT

BUBBLEGUM:特別寄稿【スベテヲ、ハクジツノモトニ】

初めは、電子の海を漂う伝説のひとつに過ぎないと思っていた。
秘密結社【BUBBLEGUM】
その響きは、心の奥にひっそりと眠る好奇心を刺激する。

スベテヲ、ハクジツノモトニ。

薄紫色に染め上げられた暁の空に浮かぶ月のように、神々しく。
消えてはまた立ち込める朝霧のように、掴めない。
いったい何度目だろうか、「彼」の名を耳にするのは。

可士生 礼。

再会を誓った、上弦の月。
約束の場所に彼が姿を現す事はなかった。
それでも、裏切られたと思えないのは何故だろう。

三度目の冬。

そしてまた、長い長い沈黙が破られようとしている。
耳を澄ませば、変わらぬ声が木霊する。

「さあ愉快に、憂いなきことを。」
-----------------------------------------------------------------------------
2012/12/30(日) 00:12 【 EDIT

BUBBLEGUM:破滅へ【final:boot】

2012年11月27日(火)

チームだいたい( @team_daitai )より【BUBBLEGUM】に関する情報が発信された。

新たな暦が紡がれるとき、新たなる息吹もまた息を吹き返す。
あの男は果たして生きているのだろうか。そして世界は救われるのだろうか。

「さあ愉快に、憂いなきことを。」


古の記録が、不意に脳裏を過ぎる。

世界的な組織「バブルガム【bubblegum】」に関する様々な記憶。
2011年2月〜9月【boot】、2011年12月〜6月【re:boot】のデータは全て破棄された。

残されたのはネットの海に漂う断片的なデータのみ。

もし君たちがバブルガムの破滅を強く望むのならば、ネットに漂うデータを可能な限り集めておくべきだろう。
それがまだみぬ誰かの心強い武器になるに違いないのだから。


月に誓ったあの約束は、今度こそ果たされるのであろうか。

次の「上弦の月」は2013年1月19日(土)。

世界は再び、色を変える。
-----------------------------------------------------------------------------
※参考:【 Site map 】BUBBLEGUM
-------------------------------------------------------------------------------------------
2012/06/04(月) 23:41 【 EDIT

BUBBLEGUM【ARGの運営について】

ARGの運営について

2012年6月3日に bubblegum place を公開したのを機に、参会によるARGの提供を休止します。

今後は、ウェブアプリの開発に注力し、引き続き「せかいをゆかいに」のスローガンのもとで制作を続けていきます。
既存のARGでは受動的な楽しみ方が主となっており、
参会の考え方としては、より活発な参加性を志向するため、ウェブアプリの開発へと舵を切ることにしました。

新しいウェブアプリに関する情報は参会ウェブサイト参会Facebook PageFacebook(田中宏幸)などで公開します。
------------------------------
2012年6月4日(月)参会twitterアカウント(@iiikai)より公式発表。公式サイト「ARGの運営について」より転載。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2012/03/30(金) 01:59 【 EDIT

BUBBLEGUM:参考資料【国会会議録】

「Arthur D. Lindsey文書」に登場する「トラステッド・コンタクト」及び「デベロ(ッ)ピング・コンタクト」に関する補足資料。

【国会会議録】

第098回国会 法務委員会 第10号
昭和58(1983)年5月25日(水)

(省略)

KGBの物の考え方が、御承知のようにリアルエージェントからトラステッドコンタクト、フレンドリーコンタクトあるいは脈のあるデベロッピングコンタクトというような、接触の段階にいろいろあるわけですが、接触者の思惑いかんを問わず、利用する価値があればエージェントだという考え方、これはレフチェンコの供述にもあらわれております。

(省略)

先ほど申し上げましたように、KGBがどう考えているかということからすると、その差というのはうなずけるわけでして、文字どおりのスパイ、リアルエージェントというのが一番最高ランクに位するKGBの考え方のエージェントでございます。その次に来るのがトラステッドコンタクトと言って、信頼すべき接触者、これはレフチェソコの認識によりますと、十一人の手がけたエージェントの中にトラステッドコンタクトとしてKGB本部に登録した者は数人いるわけです。彼の認識でも、彼が接したエージェントをトラステッドコンタクトと言っておるだけの認識が片方のエージェントにあるはずだという推定を彼がしておる、そういう者はございます。その次に来るのがフレンドリーコンタクトと言って友好的接触者、一番下が開拓中の、いわば脈があるという程度のデベロッピングコンタクトというもので、これは本人の思惑いかんではない、KGBが利用価値があると考えれば、それで脈があると考えればデベロッピングコンタクトになるということでございます。
 そうしますと、どの程度の接触をKGBがエージェントと理解するかということになりますけれども、それは私先ほどお答えしましたとおり、接触を重ねていけば、KGB機関員は、午前中もお答えいたしましたように十項目に上る対日政治工作、アクティブメジャーズの目的を持ってアプローチしているわけですから、必ずわかってくると思います。それがおわかりにならずに数十回も接触を続けておるということはあり得ない。そういう接触を続けておる方は、グレードは客観的に見て上がってきていると思うのですね。デベロッピングからフレンドリーぐらい、あるいはトラステッドという段階に上がってきている。
(省略)


国会会議録検索システムより一部転載。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2012/03/30(金) 01:54 【 EDIT

BUBBLEGUM:参考資料【レフチェンコ事件】

「Arthur D. Lindsey文書」に登場する「トラステッド・コンタクト」及び「デベロビング・コンタクト」に関する補足資料。

【レフチェンコ事件】

レフチェンコ事件はソ連国家保安委員会(KGB)の少佐、スタニスラフ・レフチェンコによる
日本国内での工作活動が暴露された事件。

1982年7月14日に米下院情報特別委員会(エドワード・ボーランド委員長)の秘密聴聞会で、
対日積極工作を暴露した。その証言内容は同年12月2日に日本国内に伝えられ、(中略)
同年12月10日にはレフチェンコ自身がワシントンで記者会見をした(後略)。

KGB内部では積極工作の協力者のことを「エージェント」と呼び、以下4つの分類があった。
レフチェンコの東京駐在時代には少なくとも200人の日本人がKGBエージェントとされていた。

リアル・エージェント:完全にKGBのコントロール下にある人物。

トラステッド・コンタクト:「信頼すべき人物」
 政界、財界、学会、マスコミに影響力を持ち、KGBに協力していることを承知で各種情報をソ連側に提供したり、
 国内に逆情報を流す人物。

フレンドリー・コンタクト:「友好的人物」
 現段階では本格的な協力者ではないが、ジャーナリストやビジネスマンを装うKGB将校と友人関係にある人物。

デベロビング・コンタクト:「脈のある人物」
 KGBが何回か接触した結果、有望と判断した人物。


wiki「レフチェンコ事件」より一部抜粋。
-------------------------------------------------------------------------------------------