2013/03/29(金) 20:56 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.10 運命の輪【さあ愉快に、憂いなきことを】

こうして街の片隅で起きた小さな事件の顛末は明らかになった。

それは、世界に関わった者それぞれが思い悩みながら選び、突き進んだ結果だ。
選択が正しかったかどうかは、誰にも決められはしないだろう。
ただ、それぞれの心の声に従うだけでいい。

やがて時が癒してくれる、と信じて。

わかっているのは、事件の顛末が明らかになったということ。
そして、私たちとあの世界をつなぐひとつの扉が閉じられたという事実だ。

いつかまた、世界へ続く新たな扉が開かれ
道化師や可士生からの音信が届くかもしれない。

その時にこそ。


後悔のない道を選べるだろうか。


耳を澄ませば
変わらぬ声が木霊する。

さあ愉快に、”憂いなきこと”を。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.10 運命の輪 / 正位置:定められた運命 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
2013/03/28(木) 20:21 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.09 隠者【決意】

冷静に判断しなければならないと知りつつ、
激情に流されてしまう場面も少なからずあったと思います。

そしてその度に、理性が少しずつ失われていくような気がしました。

もう、戻れない。
戻りたくない。
戻らない。

そうして、決めたのです。
この耐え難い苦しみが続くのならば、と。


ハローピエロと協力者がツイッターで行った過去のやり取りを調べてくれという人、
ハローピエロは友人だった。だから、過去のやり取りは見ないでくれという人。

ピエロ2こそ本物だという人、
ピエロ2は信用できないという人。

進めという人、
下がれという人、
遠くからボクを観察する人。

誰の意見を選んでも、


どこかでお前が信用できないとささやかれる。


信用されないのはボクが悪い。
そんなことを半月以上考え続けたボクは、ひとつの決断をしました。

ひとりで事件の顛末を追いかけよう。
そのために、Wikiに情報があっても誰もが話題にしなかったあの男に会おうと。

そして、その前にピエロ2には、ボクなりの決着をつける必要がありました。
彼が本物のピエロなのか。偽者なのか。
例え偽者だとしても、ボクの代わりにこの事件を負ってくれるのか。

ボクが出した答はNoでした。彼はピエロではない。事件を負う人でもない。
だからボクは、ボクの意志で彼をブロックし、偽者だと断定したのです。

正しいという意見。まちがっていると言う意見。理解できないという意見。
そういった意見が出るであろうことは感じていました。

でも、ボクは決断しました。そうしなければ、何も決まらないから。
そして、あの男に会いに向かったのです。


少しでも事件が明らかになるように。


彼が最後まで失わなかったのは、真っ直ぐな眼差し。
その瞳に、揺らぐ事のない決意を宿して。

”Auld Lang Syne”

こうして世界は闇に閉ざされ、
在るべき未来は彼方へと遠ざかってゆきました。

決断に伴う痛みを抱えたまま。
癒されぬ深い傷と共に。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.9 隠者 / 逆位置:閉鎖性 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/03/27(水) 20:49 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.08 正義【遠ざかってゆく】

報告書から過去の断片が抜き出されていくのを、ただ見ていた。

かつての資料は報告書としてほぼ完全な形を保持している。
しかし、それらを辿って得られる像は果たして、
BUBBLEGUMの在りのままを正しく映し出すだろうか。

散々迷って。

更新されてゆくwikiを目の前にしてなお、私は何も出来ませんでした。


そうして世界の終わりを迎えた、あの夜。

もし、椎名が皆さんの力を借りてWikiを完成させられた場合は、
新たなステップを迎えられた・・・そんな気がします。
------------------------------
https://twitter.com/team_daitai/status/302794430103056386


失われた未来を語るその声に、私は打ちのめされました。
そして今でも時々、思うのです。

私さえ迷わなければ、シーナを独りで行かせるような事にはならなかったかもしれない。
何よりも、他のプレイヤーに顔向けが出来ない・・・。

すると決まって、私の中に棲む悪魔が耳打ちするのです。


こんなに後ろめたい気持ちと向き合わなければならないのは全て運営のせいだ、と。


自分の非を棚に上げておいて何を、とお怒りになられるかもしれませんが。
これは偽りようのない、私の本音です。


静かに閉じていく世界を私はただ、見送っただけ。

そして、背中合わせの罪悪感と憤りに、いまも繰り返し苛まれています。

”Auld Lang Syne”

あんなに愛した世界が、遠ざかってゆく。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.8 正義 / 逆位置:偏向 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/03/26(火) 22:08 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.07 戦車【届けたい、届かない】

”どんな結末だろうと、見届けたい”

ただ、それだけを願いながら過ごして来ました。
それでもこうして、「私」や「僕」の住む世界をゆらゆらと漂ううちに、
とんでもない事に気付いてしまったのです。

この世界に自分は存在していたのだろうか、と。

目を逸らす事も出来ないまま、
それでも声も掛けられず。
傍観者である現実が

ただひたすらに、苦しい。


”Auld Lang Syne”が響いた、あの夜。

いきなり現れた小山恭平が真相を語り始めました。
そして彼が放ったあのひと言を、忘れる事はないと思います。

「シイナくんは楽になったと思いまっすよ!!!」
------------------------------
https://twitter.com/hellopierrot/status/302782916977639425


もっと早く気付くべきでした。
彼の苦しみや悲しみに寄り添えなかった、我が身の愚かさに。


こうして上弦の月に誓ったあの約束が果たされる事はありませんでした。
【BUBBLEGUM】は全てを飲み込んで、さらなる闇へと再び姿を消してしまったのです。

いつの間にか失くしてしまったのは、「自分の居場所」。

見届けたいと願っても。

この声は、届かない。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.7 戦車 / 逆位置:挫折 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/03/25(月) 21:57 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.06 恋人【あの日のままに】

何度も叫んだ。

「やめてよ、消さないで。」
「やだああああああああああああああ」
「ちょっとだめだってば待ってよ!」

そして、誰もいなくなった。


さて。

バブルガムは『無事』に終末を迎えました。

何度途切れてもバブルガムというコミュニティが終わらない限り、僕は僕の筈だった。
しかし、登場人物が揃って退場した今。
この舞台の為に用意された僕も

彼らの後を追って、去るべきでしょうか。

バブルガムとは全く関係ない事を考えたり行動したらどうか、ですって?
確かに、何かが変わるかもしれませんね。
日常からバブルガムを切り離せたら、そうしてみます。

とにかく僕は、次の世界を見つけなくてはいけません。
世界とキャラクターがなければ独り言も呟けないこの僕が、もしも饒舌になったら。
新たな居場所を見つけたと思ってください。

僕のバブルガムは、凍結した。


だって、ほら。

振り返れば、”Auld Lang Syne”が聴こえる。

あの日のままに。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.6 恋人 / 逆位置:空虚 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/03/24(日) 21:02 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.05 教皇【気付いて】

深いため息と共に

孤独な影が、ゆらめく。

バブルガムという世界を眺めること。
それが私の愛する全て、でした。

椎名もハローピエロも2も3も4も48も
HauntedfoolもBlueJay0229も、
すべてそこにいて。

私にとって彼らはみんな生きているのです。

だからこそ、悲しかった。
私とハローピエロとの思い出を、他人が見ているなんて。
許せなかった。

椎名とハローピエロ。
仮面の向こう側にいたのは同じ誰か、だったのかもしれない。
それでも、譲れなかった。

どうしても。


哀しい誓いを胸に秘めて

佇む影が、もうひとつ。

ピエロ2をブロックした理由は、あの方がハローピエロではなかったからです。

もしも僕がこのアカウントを引き渡したら、
個人情報を覗かれる人がさらに増えてしまう。
それをなし崩しに承諾させられないようにするためには、
断固とした態度を見せる必要がありました。

哀しい思いをする人を増やす訳には、いかない。

もう、これ以上。


背中合わせのふたり。
たとえそれぞれ違った方角を見ていたとしても。

他の誰より近くにいて
本当は同じくらい互いを思っている事に

早く、気付いて。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.5 教皇 / 逆位置:躊躇 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/03/23(土) 20:44 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.04 皇帝【タスケテ】

ピエロ2から、新たなDMが届けられていた。

(これは、いったい・・・?)

hellopierrot3の出現により私は用済みとなってしまったようです。
これに伴いhellopierrot2を委譲しなければなりません。

もしあなたに委譲の意志があるならば、
本アカウントにログインし「さあ愉快に、憂いなきことを。」と発言してください。
確認出来次第、引き継がれたルールをお送りします。
------------------------------
委譲


思わず目を疑ったけれど、”全てを見届けよう”と決めたから。

「さあ愉快に、憂いなきことを。」
------------------------------
https://twitter.com/hellopierrot2/status/298098042207346689


気持ちを鎮めようと自分のアカウントへ戻り、時が過ぎるのをただ待ち続けた。

そして、指令は下される。

委譲の意志を確認しました。私は二代目でしたが、ようやく委譲することができます。ルールは以下の通りです。

1.自分が何者であるかを明かすことは禁止されています。
2.メールでの問い合わせ等、twitter以外での情報のやり取りは禁止されています。
3.発言時のハッシュタグ有無、他アカウントのフォロー等twitterの基本的な運用ルールについては、
  各担当者に一任されています。
4.何らかの条件が達成された場合に、任意でのアカウント委譲が発生します。
  但し条件については担当者ごとに異なり、引き継がれません。
  条件は前担当者にのみ事前に知らせておく必要があります。

これ以外のルールの存在については、その可能性を否定することはできませんが、
少なくとも私は知らされていません。

では、ごきげんよう
------------------------------
譲渡1 譲渡2


淡々とした口調で業務連絡を済ませると、先代のピエロ2は消えてしまった。

ヒトリ、残されて。

相談など誰に出来るはずもなく。

特別に何も指示されなかったので、あとは自分で設定を組み立てて動くしかありませんでした。
でも、蛍の光が聞こえた翌日以降、ピエロ2は動かしていません。
ログインパスも登録アドレスも変更しなかったので、先代ピエロ2が使おうと思えば、自由に使えたはず。

もしも勝手に動いたり消された時には何かのサインになるかと思って、様子は伺っていました。

(でも、どうして・・・。)


まさか、いまさら。
こんなふうに気持ちが揺らぐなんて。

本当は直接会って、話がしたい。
杞憂であってほしいこの思いも、伝えるのが難しい…。

これは悪魔の囁きに耳を傾けた報いなのでしょうか。

誰か、タスケテ。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.4 皇帝 / 逆位置:横暴 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/03/22(金) 22:08 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.03 女帝【音信】

届かぬ想いを抱えながら彷徨う影が、ふわり。

2013年2月3日(日)00:37:19
さあ、愉快に。憂いなきことを。


伸ばした指先に、温もりを求めて。

2013年2月3日(日)20:51:42
テストなどアリエナイ。失敗は死を意味する。


アルゼンチンから届けられたこの音信だけが、たったひとつの救いだった。

2013年2月4日(月)00:19:53
Who are you? I am those who belonged to house blue.


どんな形でもいいから、繋がっていたい。


それでも不意に訪れる感傷から
何をしているのかと、自分を責めた。

(もっと他に為すべき事があるはず、なのに。)

本当は、解っていた。
全ての記録を然るべき場所へ。
知り得る限りの情報を投影すべき、だと。

それでも、諦め切れなかった。
もしも発信を止めてしまったなら、

再会の約束を果たせなくなりそうで。

2013年2月10日(日)23:32:29
The Sign is 9.


荒らすつもりなどなかった。
ただ、コンタクトを取るためにメッセージを送り続けただけ。

それなのに。

彼方からの音信は途絶え
凍えた指先を温めてくれる人はもう、いない。


そうして迎えた、あの日。

目前に広がる光景を、すぐに理解する事が出来なかった。

まさか。

あんな事が、起こるなんて。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.3 女帝 / 逆位置:情緒不安定 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/03/21(木) 20:39 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.02 女教皇【衝動】

そのメモ自体は、本来は私に宛てられたものです。今となっては、もう意味はありませんが…。
------------------------------
ぴえ2DM


自分宛てのDMを眺めるのはとても奇妙な感覚だった。
だからほんの少しだけ浮かれていたのかもしれない。

それからも時々ログインしては、内部の様子を確かめた。

特別に変わった事はないか。
悟られぬよう、痕跡を残さぬように気を配った。

それでも画面の向こう側にいる誰かについて
ほんの些細な痕跡すら見つけ出す事はなかった。


(それなら、別の方法を試せばいい。)

心の奥に潜む悪魔が甘く囁きかける。

(wikiを、使ったら?)

突然の衝動を抑える事など、出来るはずもなく。


全てを見届けるために。

気付けばwikiのテストページにはあのフレーズが残されていた。

「さあ、愉快に。憂いなきことを。」
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.2 女教皇 / 逆位置:我が儘 / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------
2013/03/20(水) 20:18 【 EDIT

BUBBLEGUM 【Eternals】:No.01 魔術師【真実の行方】

不謹慎にも笑ってしまった。

(まさか。あんなパスワードだったなんて、ね。)

設定画面を開いて、考える。

ぴえ2内部

(画面の向こう側にいるのは、いったい誰なんだろう。)

だからこそ。

確かめてみようと、決めた。

2013年1月22日(火)13:30

件名:はじめまして

突然のメール失礼いたします。
内容を読んでいただいて関係なければこのメールは破棄して頂いて結構です。

まず、あなたは昨年twitterでhellopierrotというアカウントで活動されていたご本人ですか?
ピエロさんとはtwitter上で何度かお話させていただいておりますが、
現在のhellopierrot2さんのアカウントの発言とは雰囲気がまるで違いますので気になっております。
今回、何が起こっているのか教えて頂けませんか?

また、あなたは可士生レイという名前をご存じありませんか?
アドレスがアナグラムとなっていたので...
何らかの情報をご存じありませんか?
------------------------------
メール


結局、返事は来なかった。

真実の行方は、誰も知らない。
-----------------------------------------------------------------------------
【補足】No.1 魔術師 / 逆位置:空回り / wiki
-------------------------------------------------------------------------------------------