2009/07/13(月) 23:58 【 EDIT

702原宿事変(鳩森八幡神社での遭遇)

「702原宿事変(鳩森八幡神社での遭遇)」

詳細については久遠さんのBlogにて。
アメンバー限定記事にて
その完全なる詳細を知る事が出来るかと思われます(笑

久遠さんのBlog:「mobileunit」

http://ameblo.jp/ryoma-mobileunit/
----------------------------------------
2009-07-05 01:14:10 まーまとめ
2009-07-06 15:17:00 file
2009-07-07 13:51:08 file0
----------------------------------------
その節は、音声ファイルを頂きまして、まことにありがとうございました(笑
今回は思い切ってそのパスを生かすべく、全貌を明らかにしてみました。

あ、解る人にだけ解るお話、ですよ(笑

ましろが本日ここまで来れたのも、ひとえに久遠さんのおかげです。
・・・ありがとうございましたっ(最敬礼。
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
2009/07/11(土) 23:39 【 EDIT

坂本犬之介氏。

本日、お出かけの足をちょいと書店まで延ばして、
歴史群像を初めて手にとってみました。
意外にも山積みされていて、びっくり(失礼。

「巻頭特集」扱いでしょうか。
確かに「オフィス新大陸 代表」との肩書き。

で、

肝心の内容はちんぷんかんぷんでした(笑

「活字って記号なんだ」と実感させられた瞬間。
いかにましろの引き出しに「カテゴリ:歴史」がないのか、改めて思い知りました。

ですが、最後の「地続きの歴史」(ぐりんさん、補足ありがとうございます。
その部分を読んでみて初めて「この人がガミさんで、小説を書く人なのかな」と実感(笑

そっと、棚に戻しておきました。

・・・ましろにはムリムリ(ホント、すみません。
-------------------------------------------------------------------------------------------
2009/07/07(火) 08:18 【 EDIT

西谷教授からのメール

-----【 2009年7月7日 4:05:39 】-----
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/ 西谷幕末ゼミのゼミメールです _/_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゼミ生のみなさん、こんにちは。

ハルです!
教授から直接メールが届きました!!
みなさんも、すぐに読んでください!!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----- Original Message -----
From: <nishiya_bakumatsu_semi*yahoo.co.jp>【補足:@を*に置換しています】
To: <nishiya_bakumatsu_semi*yahoo.co.jp>【補足:@を*に置換しています】
Sent: Tuesday, July 07, 2009 3:22 AM
Subject: 百に達した記念に

> 香月、坂上、傷の具合はどうだ?
> 君たちをこんな目に遭わせることになり、申し開きの言葉もない。
> 約束の電話はできない。
> Xも見ているこのメールも危険だ。
>
> 見守る者は覚悟の上で中継に臨んだ。
> Xの諜報網をもってすれば、私の居場所や、
> 坂上が設定した“安全な場所”を突き止めることはたやすいだろう。
> 見守る者は、危険を承知で姿を晒したのだ。
> 彼は重傷だが、今は、わずかに残った彼の仲間が、安全な場所に移送した。
>
> ゼミ生諸君。
> 私のいない間に、たくさんの新ゼミ生が増えたこと、とても誇りに思います。
>
> 私の研究を発端に、孫や愛するゼミ生が犠牲になった。
> 一時はすべてを諦め、葬るべきだと悩んだ。
> しかし見守る者と出会い、私と共通の敵に、私とは別の戦いを挑む人がいることを知った。
> 私は再び前に進み始めた。
>
> そして諸君との出会いがあった。
> 敵の強大さを知り、苦難に直面しても、諸君の真実を求める情熱の炎は消えなかった。
>
>
>
>
> Xの妨害を受ける度に、ますます大きく燃え上がり、私をもたぎらせた。
>
> しかし、私が動く度に、Xは大切な諸君に牙を剥き、私の意気を挫こうとする。
> 諸君を惑わせているのは、ひとえに私の勇気のなさにあります。
>
> 「五人の醜議の書」は、坂本竜馬を謀殺した黒幕たちの密約書だ。
>
> 私は以前、さる筋の関係者から内々に、新発見の幕末史料の調査を依頼された。
> 春頃のニュースに心当たりがあるだろう。
> ただし、私への依頼はそれよりずっと早く、調査も非公式に行なうことを余儀なくされた。
>
> 「醜議の書」はその時に出てきたものだ。
> それは、長らく心に秘めてきた私の仮説を、大きく前進させる内容だった。
> しかしその後、依頼は取り消され、私は調査から外された。
> そしてXの執拗な妨害と攻撃が始まった。
>
> この書について、今は諸君に伝えることができない。
> 諸君が幕末の知識を蓄え、この書を武器とするには、時間が必要なはずだ。
>
> もう一つ、香月や坂上にも今は伝えられない理由がある。
> 私には、まだ調べなければならないことがある。
> それをはっきりさせるまで、待ってほしい。
> それは私個人の問題なのだ。他の誰にも頼れぬものなのだ。
>
> 私に残された時間は少ない。
> しかし諸君には未来がある。
> この国の将来は私たちではなく、諸君が背負っていく。
>
> 現代の社会は、どのようにして始まったか。
> 現代を知るには、出発点である幕末を見ればいい。
>
> 私の研究をめぐる暴力の嵐は不幸だが、私には光が見えている。
> 諸君がこのゼミに集い、幕末を通して現代を見てくれることだ。
> 学生時代に、教科として習うものとは違った歴史に、諸君が興味を持ってくれたことだ。
>
> 坂上と香月、そしてゼミ生諸君が創る小説を楽しみにしている。
>
> しかし坂上、間違ってはいけない。
> 小説を出せば、Xの脅威は弱まるかもしれない。
> だが、小説を出すまでが危険なのだ。
> Xのあらゆる妨害に、君は私と同じ苦しみを味わうことになる。
> しかし、ガミさん、君ならやり遂げるだろう。
>
> 香月、坂上を助けてやってくれ。
> 君の知識と冷静な思考でしか、彼の激情を抑えられない。
> 彼は常に君の支えを必要としているのだ。
> 彼が道を誤りそうな時、君がそれをとどめるのだ。
>
> 諸君、坂上や香月が離れても、ゼミは残る。
> 自由に幕末を語ってほしい。
> 史実の楽しさ、史実から離れる楽しさ。
> 諸君は何でも語ることができる。
> 仲間と分かち合うことに意味がある。
>
> 幕末に興味のなかった人まで、本を読み、史跡を訪ねている。
> こんなにうれしいことはない。
> 私もいつかそこに帰りたい。
>
> みんなで、ゼミを導いてくれ。
>
> 百に達した記念に。西谷正史

-------------------------------------------------------------------------------------------
2009/07/04(土) 23:59 【 EDIT

見守る者へのインタビュー

[961] 投稿者:ガミさん

みんな、お待たせ!
見守る者へのインタビューを、Webカムで中継できることになった!

詳細は下記の通り。

【日時】7月4日(土) 20:00~20:30
【利用サイト】スティッカムジャパン!
時間は見守る者から指定されてしまった。

「西谷幕末ゼミ」の名前でプロフィールを取った。
時間になったら下記のURLに飛んでほしい。
http://www.stickam.jp/profile/nishiyabakumatsusemi

このプロフィールページに入ると、画面中央の黒いスクリーンに、
「ライブを見る」というボタンがある。
これをクリックすれば中継を見ることができる。

時間を限られてしまったから、みんながまとめてくれた質問を中心に聞いていく。
時間が余れば、チャットで追加質問を受けられるかもしれない(その際は、ゼミと同じHNで!)。

では、今夜会おう!

2009/07/04(Sat) 04:27:06
----------------------------------------
幕末ゼミサイト>BBS 【緊急】「見守る者への質問【7月3日20時〆】」より一部抜粋
http://nishiya-bakumatsu-semi.com/imageboard/detail.php?id=878
-------------------------------------------------------------------------------------------
2009/07/03(金) 23:59 【 EDIT

702原宿事変 文字起こし

[890] 投稿者:kuontuiさん

見守る者「おそらく彼は、自分が失敗した事をおそれている」
怪しい男「いうなよ、なにも」
見守る者「Xは失敗を絶対にゆるさない、彼はこうやっていま短冊をうばわれて、まんまと我々の手の中にいる、
 おそらくXはかならずこいつの命を狙ってくる」
怪しい男「おれはいかなきゃいけないんだよ」
坂上「なんだXを恐れてるのか?」
怪しい男「頼むよ」
坂上「じゃちゃんと答えろよ」
怪しい男「こたえてるよ」
坂上「あなたはXに関連する人間なんだろ、正直に答えてくれないと、頭に来てるんだ俺たちは」
怪しい男「なにが聞きたいんだ」
坂上「聞きたい事は山ほどあるけどさ、とりあえず香月のこと詳しく教えてくれよ、
オマエの仲間が香月を襲ったんだろ、香月は無事なのか?」
怪しい男「こいつが知ってんだろ」
取り押さえている見守る者をあごで差す
見守る者「香月は無事だ、私が助けた。いま病院にいってもらってる」
坂上「香月を襲ったってのは誰なんだ、なんなんだ」
怪しい男「しらねーよ」
見守る者「言ってしまえ、もうどうせ君は始末される運命なんだ、
 もし協力してくれるならわれわれの組織で、守るだけ守る、約束するよ、
 君が有益な情報を教えてくれればだけど、できるだけの事はする」
怪しい男「ほんとの守ってくれるのか」
見守る者「出来るだけの事はする」
怪しい男「おれも全部はしらない」
見守る男「かまわない」
怪しい男「じゃなにが知りたい」
見守る者「なにか聞きたい事は?」
見守る者、坂上に問いかける
坂上「おれは香月のことだよ、まず、なんだ、そのこいつの片割れっていうのは、どっちでもいいよ、
 知ってる事を教えてくれ」
怪しい男「ヘンデルとグレーテルってのは、、、」
坂上「あの伝言メッセージのあの変な声のやつにでてくるやつだろ」
怪しい男「あーそうだよ」
坂上「あれが檜垣とユウタと高宮さんを襲ったっていうのがそいつなのか」
怪しい男「かもね」
坂上「あれないか似顔絵、、」
怪しい男「おれ直接あってるわけじゃないからな、そんな頻繁には、、、詳しいことはあんまり知らないぜ、
 ひょっとしたら、そいつらを襲ったのは他のやつかもしれないけどな」
坂上は似顔絵を突きつける
坂上「あーいいよ、これがあなた達の似顔絵、これがユウタとか高宮さんを襲ったらしいってやつだ、
 これがヘンデルとグレーテルか」
見守る者「言ってしまえ」
怪しい者「誰がそんなこと」
坂上「こいつがユウタとか高宮さんを襲ったやつなのか?」
怪しい男「ヘンデルとグレーテルが一番かかわっていることは確かだ」

2009/07/03(Fri) 00:54
----------------------------------------
[891] 投稿者:kuontuiさん

今川「ヘンデルとグレーテルって一人なんですか?」
怪しい男「あの人は風体が女のときは男の声でしゃべるし、姿が男の時には女の声でしゃべるだ」
「目撃情報の中で、男性だったり女性だったりしてます。ユウタさんと高宮さんをつけていた、、
 私は二人組なのかともってました。」
坂上「あああなるほどな、こいつが男にも女にもなれるってことなのか」
怪しい男「さーな」
「後も一点聞きたい事があります。あなたは今日われわれがくる事をどうやてしったんですか?」
怪しい男「なんだよ、自分たちでかんがえれば、推測するのすきなんだろお前らは、ちょっと考えればすぐ気付くだろ」
「xの仲間が潜ってるってこと」
怪しい男「さーな、自分たちでかんがえな」
坂上「このヘンデルとグレーテルが、香月をおそったのか?、、それいつ?」
怪しい男「まだ気がつかないのか」
坂上「きいてんだよオマエに」
怪しい男「今日だよ、ホントはあの人が、おまえらの言う香月ってやつを襲って、おれがお前らを襲って、
 で、ここで合流する予定だった」
坂上「ここで?」
怪しい男「ああ」
坂上「ここに、いま、、ヘンデルとグレーテルがくるってことか?」
見守る者「おそらくここで落ち合うつもりだったんだろう、君たちを挟撃するために」
怪しい男「あの人が来てればな、俺だってこんなに苦労せずにすんだんだよ」
坂上「なかなかいいタックルだったけど、、、」
見守る者「だがその前に、香月を襲った時に私が彼を助けた、なので、ヘンゼルとグレーテルはここにはこない」
怪しい男「嘘をつくなよ」
坂上「おまえ裏切られたってことか」
怪しい男「そんなわけねーだろ」

2009/07/03(Fri) 00:54
----------------------------------------
[892] 投稿者:kuontuiさん

坂上「他にみんなからききたいこととかねーか」
あじのひらき「かごめ唄についてしってる事があったら教えてほしいですけど」
坂上「けいごなんて使わなくていいよ」
怪しい男「かごめ唄、、、、」
坂上「ヘンデルとグレーテルがユウタをおそった理由ってが、かごめ歌にかんけいしてんのか?」
怪しい男「しらねーな、かごめ唄になぞなんてあるわけねーだろ」
坂上「いや謎はある」
怪しい男「いやそれはおまえらの勝手な思い込みだろ」
坂上「いや新聞小説にかごめ唄の歌詞が、、、」
怪しい男「いまはやりのトンでも説ってやつだよ」
坂上「じゃかごめ唄になんにも意味はないのか?、、坂本竜馬の暗殺を歌った歌だってことは、
 ゼミのみんなで調査したり、ユウタのレポートでわかってるんだ」
怪しい男「おれはなんにもしらない」
坂上「X はなにを隠そうとしてるんだ」
怪しい男「なにも知らない、うそじゃない、ほんとにしらねんだ、」
「正体はなんなんだ、」
怪しい男「そりゃいえなーな、それ言ったら、おれほんとに殺されちまうよ」
「今回の件でうごいてるのは他にだれがいる?」
怪しい男「いねーよ、あの人だけだよ」
「あのボイスメールによれば、ここでいまもってた短冊を、そのヘンデルとグレーテルに受け渡すつもりだったのか」
怪しい男「そうなってた」
見守る者「でもやつはこない。」
怪しい男「もういいだろ、、」
坂上「見守る者がこいつの身柄を守るんだろ?」
見守る者「彼が有益な情報をわれわれに提供してくれればだ、」
坂上「守ってもらうんだから、おまえもうちょっと協力しろよ」

2009/07/03(Fri) 00:55
----------------------------------------
[893] 投稿者:kuontuiさん

「短冊の意味ってなんなだ」
怪しい男「じぶんで考えれば、、俺もしらねーよ」
「じゃ盗んだ理由は」
怪しい男「命令だな」
坂上「xってのはどうゆう組織なんだ?」
怪しい男「おれの口からは一口じゃいえない」
坂上「じゃオマエに知ってる事を教えてくれ」
怪しい男「誰にもいうなよ、幕末から現在まで政財界日本のあらゆる場所に入り込んでいる」
坂上「警察とか、公安とかにいるか」
怪しい男「そんなことわかるだろ、、おれの口からはいえない」

「もともとムスビデコで受け渡す予定だったの?」
怪しい男「予定ではな」
坂上「変えた理由は、どうやってかえたんだ」
怪しい男「昼間からうろちょろしているやつがいたからな、他の場所にしたほうがいいとおもってな」
坂上「どうやって連絡をとった」
怪しい男「それはいえない」
坂上「あのボイスメールか、
 オマエはあのボイスメール以外にはヘンデルとグレーテルと連絡をとりあう方法はないんだな」
あやしい男「われわれの中では基本的には連絡はあのボイスメールだ」
坂上「香月の研究室をおそったのはおまえか?」
怪しい男「、、、、」

2009/07/03(Fri) 00:56
----------------------------------------
[894] 投稿者:kuontuiさん

見守る者「かれから出来るだけ有益な情報を聞き出す」
坂上「このあとはどうする?」
見守る者「かれが協力してくれると約束するのであれば、われわれが守る」
怪しい男「ほんとに守ってくれるのか?」
見守る者「オマエが有益な情報を流してくれればな」
坂上「知ってる事は全部しゃべれ」
「今回われわれが、いくことをどうやって知った?」
怪しい男「それをおれに聞きたい、、じゃおまえらはなぜ、わかったと思う」
「それはあなた方が我々の符丁を理解しているということか」
怪しい男「じゃなぜわれわれがお前らの事がわかったと思う」
坂上「まえが知ってるのかしらないのか、、俺たちにはわからない
おまえ自身が、やりとりして、動いているのか、それとも誰かの指令でうごいているのか?」
怪しい男「指令」
「今回の文面はあの人からの指令か」
怪しい男「文面、、、」
「残っていた手紙だよ」
坂上「書いたのはおまえだな」
怪しい男「そうだ、、」
LION「あれなんで書いた、、」
怪しい男「なんでって、、」
LION「書いたらここくるでしょう」
怪しい男「あの人とお前らを追いつめるためだ、、そんなことはもういいだろ」

2009/07/03(Fri) 00:57
----------------------------------------
[895] 投稿者:kuontuiさん

坂上「おれらもみすみす殺させるようなことはおれらもできないから、
 あなたが責任をもってこいつを保護しろよ、、まもれるのか?」
見守る者「もちろん」
坂上「かごめ唄についてはオマエしらないんだな」
「短冊のなぞをとくとなんなんだ」
見守る者「短冊のなぞをとけば閉ざされた扉がひらく」
「とざさされたとびらってのは?」
怪しい者「おれは詳しくしらないんだ」
坂上「しってるんだったらオマエ言えよ」
怪しい者「おれも半信半疑だ」
坂上「なにをしってるんだ」
怪しい者「明治からのできごとだ、  現代が混乱する」
坂上「Xは政財界、、、」
怪しい者「いろいろなところだ、詳しくはおれもわからない」
坂上  「考えてみればわかるよ、政治家、歴代総理大臣、圧倒的に山口県だしな、警察は代々、、」
怪しい者「それ以上言うなよ」
坂上  「そりゃ薩長、、みんなわかってるんだ、昭和天皇、誰に嫁いでるか、島津とか毛利とか、」

怪しい男「オマエも狙われるぞ」
坂上「そんなことは誰でも知ってる、普通の本にも載ってる、そういうことがいいたいじゃないだろ、、
 今の総理だってなー、このあとどうなるかわからないけど」
坂上「おまえの言いたい事はそういうことか、っていうか、オマエの知ってるレベルってのはそんなもんか」
坂上「ズバリのこと聞くけど、オマエがいま囮で」
怪しい男「おとり、、、」
坂上「オマエの仲間とか、X の奴らがここにくるって可能性はあるのか?」
あやしい男「それはわからない、どこかにいるかも、、、」

2009/07/03(Fri) 00:57
----------------------------------------
[896] 投稿者:kuontuiさん

坂上「見守る者あなたにも聞きたい事がいっぱいある、教授といま一緒にいるのか」
見守る者「教授はわれわれの手の中にある」
坂上「それは教授の意志か?」
見守る者「いまのところは」
坂上「いや正直いわせてもらうけど、俺たちからするとあんたに教授を人質にとられているような気がしてならない。
あのやり方はほんとにきにくわない。一方通行であんたからの連絡をこっちはまつ、
おそらく100の遺産のやりかたっていうのは教授が昔からいってうようなことだから、何となくは理解は出来る、
いま幕末調べて行ったら、けっこうヤバいネタに行き着くことは結構ある。BBSにだれか書いていたけど、
おれもBBSにはそういうことは書かない方がいいとおもってるからかかないけど、そりゃ幕末には孝明天皇の暗殺や、
今の歴史学者がタブーでふれちゃいけないようなことは山のようにあるよ、時間が短いからね、
現代までに、だからそういう危険なところに踏み込むのに、教授が俺たちとか。
ゼミ生とかに本当の覚悟とかそういう段階をふんでるのはよくわかる、でもあんたのやりかたは俺にはりかいできない」
見守る者「われわれには我々の正義がある、それを守る為にわれわれはたたかっている、
いまのところ、教授とわれわれの利害は一致している、教授のもっている原稿がわれれの武器になる」
坂上「教授のやってることをしってるのか」
見守る者「ある程度はしっている、教授もわれわれにすべておしえているわけではない」
「全てはしらないのに、教授のもっている、研究しているものってのが武器になるとはりかいしているわけですか?」
見守る者「理解できている」
「そえはなぜ?
見守るもの「それはまだいえない、近くにXのてのものがいるかもしれない」

2009/07/03(Fri) 00:58
----------------------------------------
幕末ゼミサイト>BBS [873] 「鳩森八幡神社での遭遇(原宿事変)」より一部抜粋
http://nishiya-bakumatsu-semi.com/imageboard/detail.php?id=873
-------------------------------------------------------------------------------------------
2009/07/03(金) 07:14 【 EDIT

見守る者からのメール その4

-----【 2009年7月1日 20:33:54 】-----
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/ 西谷幕末ゼミのゼミメールです _/_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゼミ生のみなさん、こんにちは。

ハルです。
見守る者からのメールを転送します!
添付ファイルも確認してください!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----- Original Message -----
From: <closelink_distance05*yahoo.co.jp>【補足:@を*に置換しています】
To: <nishiya_bakumatsu_semi*yahoo.co.jp>【補足:@を*に置換しています】
Sent: Wednesday, July 01, 2009 13:01 PM
Subject: 九十を過ぎた記念に

>
>「Xの襲撃が執拗で、連絡が遅くなってしまった。
>
>短冊を奪還する計画には私は反対だ。
>諸君自らが敵に接触するのは、あまりに危険が大きい。
>
>短冊を奪われたことは痛恨だが、
>内容を知るためならば、他の手段もあるだろう。
>教授に否やはないはずだ。
>
>香月・坂上両氏、
>いや、書き込みから推測される性情からするに、
>特に坂上氏の意向と強引さに引きずられている気がしてならない。
>
>坂上氏は、この機に乗じてXの手の者に接触し、
>何かを引き出そうと考えているのか?
>無論、その衝動を抑え難いことはわかる。
>Xに振り回されることに、業を煮やすのもわかる。
>しかし、危険過ぎるやリ方だ。短慮だ。
>
>これまであえて段階を踏んで、諸君に忍耐を強いて、
>試すようなやり方をしてきたのは、何のためだったか?
>
>しかし、いくら止めても、諸君が考えを変えないのであれば、
>私も方策を練らねばならない。
>
>瑞慶覧君のブログおよび書き込みで、
>桧垣君が回復しつつあることを知った。
>添付ファイルは、桧垣君から聞き取った襲撃者の似顔絵だ。
>桧垣君には負担を強いてしまったが、
>今の私にできることで諸君を援護するしかない。
>
>似顔絵の人物は、ボイスメッセージに出てきた
>コードネーム【ヘンゼルとグレーテル】本人か、
>そのかたわれと思われる。
>
>忘れないでほしい。
>諸君が真相を追究する影には、Xの危険があることを。
>
>諸君の選択が、誰かに引きずられたものでないことを願う。
>
>
> 九十を過ぎた記念に。遠くから見守る者より」

--- 添付ファイル(似顔絵) ---

似顔絵
-------------------------------------------------------------------------------------------
該当記事への関連付けとして「見守る者からのメール その3」へTB
http://mashiro0.blog40.fc2.com/blog-entry-168.html
-------------------------------------------------------------------------------------------
2009/07/03(金) 07:11 【 EDIT

登録ゼミ生宛のメール その3

-----【 2009年7月1日 0:23:09 】-----
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/ 西谷幕末ゼミのゼミメールです _/_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
西谷幕末ゼミ生のみなさん

香月です。
BBSはXに見られている危険性があるため、ゼミメールで連絡します。
※以下の内容はくれぐれもBBSに書かないようお願いします。
(ゼミ内に内通者がいれば意味はないですが、今はこの方法しかないと思う)

先ほど、ワイジローさんたちと坂上のバックギャモン対戦を見ている最中、
私がいた大学の研究室に何者かが侵入しました!
幸い、みなさんのアドバイスに従い、警備を強化してもらっていたため、
侵入者はすぐに逃げ、私も警備員も無事でした。

バックギャモンのチャットに参加していたゼミ生には伝えましたが、
警備員が侵入者と揉みあいになった際、相手が紙切れを落としました。
紙切れにはQRコードだけが載っています(このメールに添付します)。

気持ちの悪い内容ですが、非常に重要です。
みなさん、確認してください。

今後どうするかを、今坂上と相談しています。
今夜もう一度メールします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
--- QRコード ---

QRコード


-----【 2009年7月1日 2:39:14 】-----
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/ 西谷幕末ゼミのゼミメールです _/_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
坂上です。
BBSはXに見られている危険性があるため、ゼミメールで連絡します。
※以下の内容はくれぐれもBBSに書かないようお願いします。
(ゼミ内に内通者がいれば意味はないですが、今はこの方法しかないと思う)

伝言メッセージの内容は、下記のように聞こえた。要約する。
--------------------------------------------------
・ヘンゼルとグレーテルへ
・千葉の古本屋と、香月宛ての短冊を奪った。
・(ヘンゼルとグレーテルは)ユウタと高宮氏を襲った犯人?
・次は香月?
・下記日時と場所で、短冊を受け渡す。
・7月2日木曜の20時 神宮前の【ムスビ デコ】。
--------------------------------------------------
敵が受け渡しをするのは、↓の店のことだろう。
http://r.gnavi.co.jp/p704800/

WEBで調べた限りでは、ごく普通の飲食店らしい。
敵のアジトの類ではなく、一般の店を勝手に待ち合わせに使うのだろう。

香月と相談して、伝言メッセージの相手が待ち合わせをするところを、
監視・尾行することにした!
危険だが、チャンスがあれば短冊も取り返したい!
短冊の謎を解かなければ、教授が我々に何を伝えようとしているかがわからない。
とても危ない賭けになることは承知だ。

香月と2人でどうなるものか、正直、不安は大きい。
オレは格闘技経験があるが、香月はからっきしだ。
みんなを巻き込みたくはないが、ここはあえて、応援をお願いしたい!

この後、さっきチャットで話していた史跡ツアーになぞらえて、
BBSに【ガミさんと行く! 史跡ツアー参加者募集!】というスレッドを立てる。
ギャグっぽくするのは、カモフラージュだ。
もしもオレたちと一緒に、当日、尾行に参加してくれる有志がいたら、
「ツアーに参加する」という名目で名乗りを挙げてほしい。
参加できない人も、アドバイスがあればぜひ頼む。

スレッドの中で、オレはあえて、「メチャクチャな日時や場所」を書いておく。
しかし、正しい合流場所と時間は以下の通りだ。
-------------------------------------------------------------------------------------
●集合場所:現場最寄のサンクス前の“路上”。店内に入って迷惑をかけないこと!
(URL)【補足:レイアウトが崩れそうなのでアドレス自体は省略し、リンクにて対応】
●日時:7月2日(木曜) 19時50分
●目印:坂上が西谷幕末ゼミのバッヂを着けて待つ。
※敵の動きが読めないから、時間は厳守で!
※絶対に単独行動はしないように! 危険すぎるし、失敗すれば、
 これまでのみんなのアプローチが水の泡になるかもしれない。
※オレをリーダーとして、その判断に従ってほしい。危険が大きければ、逃げることも必要だ。
-------------------------------------------------------------------------------------
また、このスレッドで相談やアドバイスをやり取りする際、
ズバリの語句を書いてしまうのはマズいだろう。
使いそうな語句を、下記のように置き換えてみた。
-------------------------------------------------------------------------------------
短冊奪還計画:史跡ツアー
短冊→史跡
尾行→(史跡を)探す
監視→よく見る
敵、X→雷
短冊を持って行く者→雨
ヘンゼルとグレーテル→風
取り返す→(史跡を)調査する
-------------------------------------------------------------------------------------
くれぐれも、Xに気取られないように、書き込みには十分気をつけてほしい。
また、オレがスレッドに書く、「メチャクチャな日時や場所」を勘違いしないでくれ。

有志の協力を求む!
-------------------------------------------------------------------------------------------
該当記事への関連付けとして「登録ゼミ生宛のメール その2」へTB
http://mashiro0.blog40.fc2.com/blog-entry-123.html
-------------------------------------------------------------------------------------------
2009/07/01(水) 01:11 【 EDIT

見守る者からのメール その3

-----【 2009年6月24日 1:29:56 】-----
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/ 西谷幕末ゼミのゼミメールです _/_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゼミ生のみなさん、こんにちは。

ハルです!
見守る者からの、新たなメールが届きました!
「七十を過ぎた記念に」を、転送します!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----- Original Message -----
From: <closelink_distance03*yahoo.co.jp>【補足:@を*に置換しています】
To: <nishiya_bakumatsu_semi*yahoo.co.jp>【補足:@を*に置換しています】
Sent: Wednesday, June 24, 2009 01:05 AM
Subject: 七十を過ぎた記念に

>「週末の戦いは見事だった。
>
>力を合わせて謎に挑み、真実に辿り着かんとする諸君に、
>大事なことを打ち明けよう。
>
>諸君が心配している西谷教授のことだ。
>
>今、教授は私と一緒にいる。
>福井での出来事は、私たちのサポートによるものだ。
>そこで教授を助け、できるだけ安全な場所を転々としながら、
>Xの追跡をかわしている。
>
>Xの狙いは教授の研究だ。
>教授は以前、これを公表しようとしたが、Xの執拗な脅迫により断念した。
>今も、ゼミ生諸君に早紀さんや桧垣君、高宮氏と同様の
>危険が及ばないかと非常に心配している。
>
>同時に、諸君の溢れんばかりの探求心に、非常に勇気づけられてもいる。
>
>しかしこのところ、ゼミ生の周辺に不穏な出来事が起きている。
>
>教授はその葛藤の中にいることを理解してほしい。
>私も直接何度も頼んでいるが、Xが狙っている研究の内容は
>ほとんど知らされていない。
>
>今こそゼミ生諸君の行動力・団結力が求められる時だ。
>私たちも諸君の力を借りなければならない。
>どうか協力してほしい。
>
>ゼミサイトでの活動を見て、情報収集や整理、推理といった尽力に敬服している。
>
>諸君はすでに、Xが閉ざした扉に手をかけんとしている。
>もはや実際のアクションを起こす段階に差し掛かった。
>
>諸君に、直接託したい物がある。
>
>以下のページを見てほしい。
>http://nishiya-bakumatsu-semi.com/research/shishitachinouta/quest
>
>最低限のセキュリティは考慮したつもりだが、
>教授からアクセス権限を一時預かり、転々としながら
>急ごしらえしたものだから、簡素なのはご容赦願いたい。
>
>諸君になら、このページの先へ進むための答えが出せるはずだ。
>それを解くカギは、すでに週末の戦いの後に示し、諸君も入手したはずだ。
>
>諸君の行動力と団結力を私は信じている。
>個人の力では困難なことも、多くの力を結集すれば乗り越えられることを、
>諸君はこれまで示し続けてくれている。
>
>次にまた、諸君の決意の“証”が示される日を待っている。
>
>             七十を過ぎた記念に。遠くから見守る者より」


-----【 2009年6月28日 7:04:44 】-----
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
_/_/ 西谷幕末ゼミのゼミメールです _/_/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゼミ生のみなさん、こんにちは。

ハルです!
見守る者から、メールが届いていました!
転送します。
襲撃を受けたそうです。
みなさんもご注意ください!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
----- Original Message -----
From: <closelink_distance04*yahoo.co.jp>【補足:@を*に置換しています】
To: <nishiya_bakumatsu_semi*yahoo.co.jp>【補足:@を*に置換しています】
Sent: Sunday, June 28, 2009 02:03 AM
Subject: 八十を過ぎた記念に

>「諸君の行動力、団結力に感動した。
>
>危険を顧みず、各地で短冊を受け取ってくれた
>ぐりん、goma、poly6、ふぇにる、LION、ワイジロー、輪舞
>の諸君に感謝したい。
>
>先ほど襲撃を受けた。
>装備やそれぞれの動き・連携の良さからすると、全員プロだろう。
>Xに足取りをつかまれてしまったようだ。
>すぐに拠点を移し、今のところ教授も無事だが、
>このメールを送った後、さらに移動する。
>
>短冊は、西谷教授から託されたものだ。
>教授の研究テーマに深く関わるそうだが、私はその意味するところを知らない。
>
>教授はそれが「Xに対する痛撃になる」という。
>先ほどの襲撃や、何者かが東京に出現したことも
>それを裏付けるものだろう。
>
>Xの妨害に備えて、短冊を各地に分散し、例の古書店も使った。
>今となってはそれぞれのリスクを軽減しておいて良かった。
>教授の意向で香月氏にも直接届ける手配をしている。
>
>次にまた、諸君の決意の“証”が示される日を待っているが、
>しばらくはコンタクトできないかもしれない。
>
>         八十を過ぎた記念に。遠くから見守る者より」
-------------------------------------------------------------------------------------------
該当記事への関連付けとして「見守る者からのメール その2」へTB
http://mashiro0.blog40.fc2.com/blog-entry-133.html
-------------------------------------------------------------------------------------------
2009/06/23(火) 23:58 【 EDIT

バックギャモン対決までの流れ

-----------------------------------------------------------------------------
[95] 瑞鳳寺 投稿者:ワイジローさん E-MAIL 史跡住所:宮城県仙台市青葉区霊屋下23-5

2009/06/23(Tue) 00:49:03

[102] 投稿者:ガミさん

初めまして、坂上です。
バックギャモンで大活躍とか。香月から聞きました。オレもけっこう好きなんで、今度お手合わせを。

2009/06/23(Tue) 18:26:39
----------------------------------------
[107] 投稿者:ワイジローさん

>バックギャモンで大活躍とか。香月から聞きました。オレもけっこう好きなんで、今度お手合わせを。
いいですね、やりましょう!
せっかくだし余興があればなお楽しめそうですねぇ。
例えば私が勝ったら教授の“仮説”段階の本が欲しい。
それが困難であれば、いま相談されている本が出版された暁に・・・
どうです?

2009/06/24(Wed) 22:54:39
----------------------------------------
幕末ゼミサイト100の遺産 BBS>[95] 「瑞鳳寺」より一部抜粋
http://nishiya-bakumatsu-semi.com/imageboard2/detail.php?id=95
-----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
[640] 投稿者:ガミさん

おっ、グイグイ来るねえ、嫌いじゃないよ(笑)
「“仮説”段階の本」は、教授のプロフィールに載っている
ような本のこと? 

ギャモンの余興。
いいですよ! オレが負けたらお望みの本を進呈しましょう。
教授の本なら……ポイントマッチだな。
で、ワイジローさんは何出してくれるのかな?(笑)

2009/06/25(Thu) 02:33:11
----------------------------------------
[652] 投稿者:カッファ1988さん

「ワイジローさんVSガミさん ガチンコバックギャモン対決!」を
ヤフーゲームでやってもらって、その後みんなで

「本の出版に関してチャットでブレスト!」
という流れはどうでしょう

前回同様、ワイジローさんの神ゾロが再び炸裂するか?
未知の強豪、ガミさんがその実力を発揮するのか?

2009/06/25(Thu) 19:10:00
----------------------------------------
幕末ゼミサイト>BBS [635] 【相談】「みんなに相談! 本の出版」より一部抜粋
http://nishiya-bakumatsu-semi.com/imageboard/detail.php?id=635
-----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
[657] 投稿者:ワイジローさん

>いいですよ! オレが負けたらお望みの本を進呈しましょう。
そうこなくては。
『孤独の人 ~竜馬と江藤新平~』(共著、学術探究社)
または
『草莽の研究』(磐並書店)
あたりが希望ですねぇ。

私が負けた場合ですが、ガミさんを納得させられるだけのものは残念ながら手元に無いように思う。
こういうのはどうでしょう。
私が負けた場合、西谷教授の研究の謎について引き続き「知恵」と「時間」を提供することを「約束」する。
あるいは、来月発売の学研『歴史群像』を購入してあなたのビジネスに貢献する。
もちろん購入した証としてどこかへ写真をアップしようと思う。
どちらかを選んでください。

2009/06/26(Fri) 05:08:55
----------------------------------------
[681] 投稿者:ガミさん

ワイジローさんが都内在住か在勤、もしくは近郊なら、
オレは↓にお誘いしようと思っていました。

Caffe Michelangelo
http://www.hiramatsu.co.jp/cafes/michelangelo/

ここで毎週火曜の夜、ギャモンのイベントが開かれていて、
オレも友人の誘いで何度か遊びに行っています。
メシもうまいし、顔を突き合わせて一戦と考えていたんだけど。

2009/06/26(Fri) 23:03:57
----------------------------------------
[744] 投稿者:カッファ1988さん

ガミさん、ワイジローさんからご指名を承りましたので、
「ワイジローさんチーム VS ガミさん」の
バックギャモン対決の勝負を預からせていただきます。

お二人のご予定が合致したということで、
下記の通りに対決の場を提供させていただきます。
そしてここからは見守る者の思いっきりを真似します!

日時:6/30(火)21時
場所:http://games.yahoo.co.jp/games/login.html?page=bg
ルーム名:ルーム12

※私は「mitodokeru_mono」というHNで入ります(笑)

テーブルは非公開にしますので、対決を見学したい方は、
プレイヤー名をクリックして合言葉をチャットで投げてください。
それが正しければテーブルにご招待します。

合言葉はカタカナ4文字。
100の遺産で使われているある単語にします。
ヒントはワイジローさんとチョーちゃんがお好きなものです!
※対戦者の方々は、ノー合言葉でいいですからね!

ちなみにワイジローさんはチームということなので、
1試合終わるたびに、席を替わって、
プレイヤーがローテーションしていくということでいいですか?

対決終了後は、そのままチャット大会に雪崩れ込みますので、
たくさんの方のご見学、ご参加をお待ちしております。

対決が決まった記念に。近くから見届ける者より

2009/06/28(Sun) 01:50:29
----------------------------------------
幕末ゼミサイト>BBS [657] 【勝負】「バックギャモン」より一部抜粋
http://nishiya-bakumatsu-semi.com/imageboard/detail.php?id=657
-------------------------------------------------------------------------------------------
2009/06/20(土) 23:58 【 EDIT

見守る者との対決

バックギャモン出席者一覧(入室順・敬称略)
------------------------------
見守る者    ***mimamoru_mono
(不明)     ***shunsujp 【補足:名乗らないままに途中退席】
ワイジロー    ***yjiro7
香月氏      ***katsuki_nbs
ぐりん      ***grin_grin_2002
遼恒パパ    ***izumi_arc_family
あじのひらき  ***ajinohiraki507
LION       ***lion_stadio
ハル氏      ***haru_hoshina
カッファ1988  ***kaffa1988
kuontui     ***kuontui
QED       ***QED223
ふぇにる     ***Phoeniru
こっぺぱん   ***koppe_bread
ましろ      ***mashir0_0
シバトウ     ***waki4977
goma       ***g_o_m_a333
朝霧♪      ***optimizer909
Chisato     ***chisato_mizuki32

(終了後、楽太郎氏が合流)
------------------------------

「見守る者」より(開始21:25ごろ)
------------------------------
まずは諸君
これだけの人数が集まってくれたことを感謝する
チャットという形とはいえ
諸君と直接やりとりできてうれしい
Xに捕捉されないよう
場所を転々としながら諸君と連絡をとっている
今も回線状況がそれほどいいわけではない
万が一開戦が切れたならできるだけ早く戻るのでしばし待ってほしい
このテーブルは非公開にしているので
ここでもう(入室を)締め切る

対戦する順番を決めてほしい
------------------------------
勝者:ワイジローさん(終了22:30ごろ)
-------------------------------------------------------------------------------------------
該当記事への関連付けとして「見守る者より告げられた重要情報 」へTB
http://mashiro0.blog40.fc2.com/blog-entry-130.html
-------------------------------------------------------------------------------------------