2012/10/11(木) 23:24 【 EDIT

【ヒトリゴト編】月齢14.9の夜、世界は夢をみる

世界は闇に閉ざされていた。

  満月に
  ほんの1少し足りない
  その夜は
  世界が揺らぐ

優しく見守る月だけが、全てを知っている。


そう。彼女の声に応えてくれる「みんな」は、いない。
途方に暮れた彼女の瞳に映るのは小鳥たちだけ。

この声は、届かない。

彼女を勇気づけてくれるのは、遠い日の記憶たち。
想い出は尽きることなく、彼女の孤独を癒し続ける。

全ての欠片を探し求め、奏奈の本を正しく並べ替えよ。
刻限は、月が再び満ちるまで。

まさか、あんな事が起こるなんて。

長い長い夜が、明けた。
朝陽に照らされた彼女の姿はまぎれもなく、鳥そのもの。

やがて彼女は、真実を知る。
「もしかして……。わたし、ここのせかいにいないのかな……。カラダがないから、ここにいるのかな……。」
失われていた記憶が、より鮮明に甦り始めていた。

夜空を仰ぎ、満ちてゆく月に視線を向ける彼女。

そしてとうとう、世界の在り様を揺らがせる方法が判明した。

 【 満 月 に 近 い 夜
     揺 ら ぎ を 起 こ し
        夢 は 夢 へ 戻 れ 】

彼女は確かに、その瞬間を知っていた。

 旅立ちをどうか、嘆かないでいて。
 次の世でまためぐり逢うため
 たとえひと時離れても
 この「心」だけは、あなたの傍に。

そして世界は再び、闇に閉ざされた。
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメントの投稿
URL:
COMMENT:
編集用PASS【任意】:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL