2013/01/19(土) 00:01 【 EDIT

BUBBLEGUM:予備知識【out of game / バブルガムについて】

「バブルガム」は2011年2月?から9月、2011年12月から2012年6月にかけて行われたARGです。
世界的な秘密組織「バブルガム」の正体を暴き出すこと。これがプレイヤーの目的の一つでした。

バブルガムは第1弾【boot】、第2弾【re:boot】が実施されましたが、いまだ組織の全貌は掴めないまま。
しかし物語は三部作と相場が決まっています。そして・・第3弾【final:boot】へ・・・。

「バブルガム」の幕が開くまでもうしばらくお待ち下さい。

そして【final:boot】は【boot】【re:boot】と同じ世界。過去に起こったことは事実です。
余計な詮索をする必要はありません。

それではその日まで・・・「さあ、愉快に憂い無きことを。」
-----------------------------------------------------------------------------
新たな暦が紡がれるとき、新たなる息吹もまた息を吹き返す。あの男は果たして生きているのだろうか。
そして世界は救われるのだろうか。「さあ愉快に、憂いなきことを。」

「また月が上弦になるとき、あなたが選択するのなら、ここにまた来て欲しい。」彼はそう言った。
そして再び戻ってくることはなかった。閏年の呪縛から解かれた時、果たして何が起こるのか。
アランは裏切り者を決して許さない。

3度目の冬。今までの出来事が走馬灯のように蘇る。
あれは果たして事実だったのか、それとも同じ歴史を辿らされているだけなのか。
いまもネット上に点在する秘密組織の情報は、却ってその全体像をぼやかせる。
その組織の名は「バブルガム」。さあ愉快に、憂いなきことを。

【final:boot】世界的な組織「バブルガム」はどのような終焉を迎えるのか?

世界的な組織「バブルガム【bubblegum】」に関する様々な記憶。
2011年2月〜9月【boot】、2011年12月〜6月【re:boot】のデータは全て破棄された。
残されたのはネットの海に漂う断片的なデータのみ。
もし君たちがバブルガムの破滅を強く望むのならば、ネットに漂うデータを可能な限り集めておくべきだろう。
それがまだみぬ誰かの心強い武器になるに違いないのだから。【Y/N】

上弦の月が闇夜に輝くとき、何かが動き始める。それはごくごくわずかな、他愛もない戯れでしかない。
小さな歯車が回り始める。
その動きが「やつら」に見つかってしまったとき、「それ」は再び私たちの目の前に現れるだろう。

Welcome back・・・あと少し・・・それは静かに始まり、22時過ぎには明らかになるだろう。
-----------------------------------------------------------------------------
チームだいたい( @team_daitai )より関連発言を全文転載。
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメントの投稿
URL:
COMMENT:
編集用PASS【任意】:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL