2013/01/19(土) 23:59 【 EDIT

BUBBLEGUM:1/19(土)業務日誌【終わらない解析】

2013年1月19日(土)

懐かしさに身を焦がしつつ、夜は更けて。

静けさを破るように現れた懐かしい影が、もうひとつ。

すみません、このアカウントについて知っている方はいらっしゃいませんか?

今日、打ち合わせのあと会社に戻る時に倒れている人がいて・・・。
助けようと話しかけたら1枚の紙を渡されたんです。
------------------------------
https://twitter.com/hellopierrot/status/292628646282276864
https://twitter.com/hellopierrot/status/292633223052275712


(ピエロ!いや、これは・・・誰?)

あの頃のピエロとは明らかに違う口調の人物。

あ、すみません。ご挨拶を忘れていました。僕は椎名といいます。
ピエロという方とは別人です。分かりにくいので一時的に名前を変えますね。
------------------------------
https://twitter.com/hellopierrot/status/292631683742699523


椎名 英二氏はピエロ( @hellopierrot )にtwitterアカウントを託されたらしい。
その証拠として差し出されたメモには、暗号らしき記述が残されていた。

719774838.jpg 2枚目

さらに、新たな情報がもたらされた。

このアカウントに登録してあるメールアドレス、連絡とれるかと思ったら自動返信でなんか返ってきますね・・・。
------------------------------
https://twitter.com/hellopierrot/status/292642295285702656


それはかつてのピエロそのものを思わせる、独特の口調で綴られていた。

- 該当アドレス(hellopierrot2013☆gmail.com/☆を@に置換)による自動返信の内容 -

やはりご連絡くださいましたねw
なにかあったときのために、善良で物好きな皆様に伝言を残しておきました。 Bye bye, world!

http://xfs.jp/eY2W9


あの頃となにひとつ、変わっていない。

(もしかしたら、可士生に繋がる情報では。)

伝言を確かめようと試みたが、ダウンロードパスワードを求められてしまった。
手がかりはあのメモに隠されているに違いない。
解析が、開始された。

「暗号は解けたが、内容がロシア語だと…!」

どうやら解析作業は既に完了していたらしい。
予想外のスピードに驚きを隠せないまま、解法について尋ねる。
「パスワードはどのようにして導き出されたのか、教えて頂けますか。」
しろむー氏が即座に応える。

2枚の用紙を▲が右下で合致するように合わせます。

719774838.jpg 2枚目 → 謎 ※1枚目:水色 2枚目:緑色

すると各列に2文字ずつ文字があります。この2文字を基準に列ごとにパターンを探します。
1列目はkとpの間をアルファベット順に1文字毎埋めると良さそうです。
k,l,m,n,o,p

2列目はアルファベット順に2文字毎、
mn,op,qr,st,uv

3列目は3文字毎…
efg,hij,klm,nop,qrs,tuv,w

8列目、9列目は数字なので単純に数字(8列目なら8、9列目なら9)を加算していくとうまく当てはまります。
-30,-22,-14,-6,2,10,18,26

全て埋まったら→の方向(5行目)を読むと答えになります。

ダウンロードパスワード:lunaire21

確定
------------------------------
https://twitter.com/shiro_mow/status/293290957162545153
https://twitter.com/shiro_mow/status/293291007519375360


保管されていたのは、画像ファイルだった。

message_convert_20130202013753.png

見覚えのない文字列に戸惑いを隠し切れない。

「誰か、ロシア語の翻訳!」
「ロシア語だとしても、意味が・・・。」

いったい何が綴られているのだろうか。

「もしかして、セルビア語・・・?」

深まる夜に、終わらない解析。
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメントの投稿
URL:
COMMENT:
編集用PASS【任意】:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL