2014/01/19(日) 11:03 【 EDIT

それとも。

気付けば「世界」はありふれた日常のすぐ隣に存在していた。
そしてほんの少し指先を伸ばすだけで、昨日までの退屈な時間は驚くほどに変わる。

いつの間にか失っていた、「鮮やかな色」を取り戻そう。
コドモに戻って。
さあ、「ワクワク」を探しに行こうよ。

それでも時の流れと共に、全ては電子の波にさらわれてしまう。
世界は儚い。それでも、永遠を望みたい。

ならば記録を残そう、と決めた。

いつか彼方へ消えてしまう想いだったとしても。
振り返れば、あの日に戻れるから。
まるでタイムマシーンのように。

それほどまでに愛すべき「世界」が在る。
ただそれだけで、充たされていた。

それなのに。

まさか、全てが消えてしまうなんて。
これまで注いだ熱情を全否定されたような気がした。
信じられない速度で、「世界」が崩壊していく。

もう振り返らなくていいよ。

囁いたのは、悪魔?

それとも。
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメントの投稿
URL:
COMMENT:
編集用PASS【任意】:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL