2014/07/27(日) 23:54 【 EDIT

聖夜通信 7月号

聖夜通信7月号2 聖夜通信7月号1
※聖夜通信 7月号:『グーテンベルクの視点』より判明した会報誌の置き場所にて発見。

標語:夏の夜 一日一善 よい眠り

■メリーの言葉

 みなさんこんにちは。平穏ですこやか
な日々を過ごされていることと思います。
 七月に入り、学生の方々は夏休みに胸
を騒がせていることでしょう。私たちの
英雄も正しく健康的に遊ぶことを良しと
しておりました。また、適度な運動は規
則正しく健康な眠りにも最適です。くれ
ぐれも夜更かしなどなさらぬようご注意
ください。
 今月の偉人には、リュミエール兄弟を
選びました。動画の発明としてはエジソ
ンのキネスコープが有名ではありますが、
「大勢に同じ光景をみせる」という夢を現
実にしたリュミエール兄弟も忘れてはい
けない人物です。大勢に愛を注ぐという
思想は、センセイの思いにも共通するも
のです。
 さて次回の食事会は。8月2日を予定
しております。正体するのは少数になっ
てしまいますが、実験的にウェブでの生
放送も予定しておりますので、ぜひご覧
ください。

■今月の偉人:リュミエール兄弟

「映画の父」と呼ばれる映画発明者。
 最初期の映画「ラ・シオタ駅への
列車の到着」を公開したさい、轢か
れることを恐れた観客が逃げ出した
という逸話は有名。「港を出る小船」
を観た客は海や衣服の揺れに当惑
し、上映後にスクリーンをつついた
という。
 彼らの偉大さは大勢の人が同時に
スクリーンを見られる形態を発明し
たことだけでなく、それを最適な形
で用いて、感動的な未知の体験を提
供した点にある。
 我々も真に善なる人を目指すなら
ば恩恵を求めるだけでなく、与える
ことを常に考え続けるべきだろう。

■頭の体操

 センセイを偲
んで様々な謎解
きを紹介するこ
の連載、記念す
べき十回目のテ
ーマは謎解きの
基本かつ至高た
るクロスワード
パズルだ。このパズルの素晴らしさは、初心者
から上級者まで楽しめることに加えて、黒白の
マス目が織りなすコントラストの美しさにある。
実は、この黒マスの配置に暗黙のルールがある
ことをご存じだろうか。例えば、白いマスはひ
とつながりになっていなければならない。それ
に従えば、左のような問題はクロスワードパズ
ルとしては失格ということになる。
 他には、黒マスは上下左右に連続していて
はならない、四隅に黒マスをおかない。黒マ
スに三方を囲まれたマスを作らない、などの
ルールを自ら課している場合もある。その中
でも特に厳しいのが、黒マスを対称形にする
こと、というものだ。
 なぜ、パズル制作者はこんな厳しいルール
を自ら設けるのだろうか? もちろん、でき
あがりのマス目の美しさ、という点も大きい。
しかし、その根本にある理由は、制約の大き
なパズルを作る過程も、またパズルである、
という点にありそうだ。前述のルールに従っ
て10×10を超えるクロスワードパズルを
作れたら、一人前の謎職人と言えよう。ぜひ、
諸兄も挑戦して欲しい。できるかな?
 さて、次回は、なぜクロスワードパズルを
謎解きの至高と呼んだのかについて語ろう。
宿題は、左の一番下の謎の数字の列だ。

新聞4

■PickUp! この夏 やりたい 6つの善行

 1 エアコン我慢で地球にエコ!
 使いすぎはよくないとわかっていても
暑い夏には、ついつい自分に甘く冷房の
使用量が増えてしまうものですよね。
 手っ取り早い「節約術」はコンセント
を抜いてしまうことです。また、リモコ
ンをしまってしまう、というのも効果的。
エコと合わせて浮いた電気代を募金に回
すとより善いですね。
2 プールには危険がいっぱい!
 夏の感染症といえば食中毒が代表です
が、実はウィルスも猛威を振るいだす時
期です。
 特にプールには、ときには死に繋がる
プール熱の原因となるアデノウィルスが
いっぱい。水泳が楽しいのもわかります
が、なにも伝えずに子供を入場させる施
設は詐欺のようなものだと思いません
か? 危険を周知させるためのビラ配り
などで戦いましょう!
3 オフはルールを守って楽しもう!
 宴会事が多いこの時期、増えてくるの
が泥酔による迷惑行為です。
 直接、言葉で注意できればよいですが
怖くて踏み切れない……そういうときは
酔いつぶれて倒れている人に目を向けま
しょう。
 多くの場合、手荷物が無防備ですので
捨ててしまえばよいのです。目覚めたと
きに、きっと反省をしてくれるはず。
 ※すぐに捨てるのがポイント!決し
て窃盗目的で行わないようにしましょう。
4 旅行者に優しく!
 都心や避暑地など地域によっては旅行
者を多く見かける季節になります。
 慣れない土地で困っている人に出会っ
たら、勇気を出して「なにかお手伝いし
ましょうか?」の声かけを心がけましょ
う。
 夏が終わっても使えるホットワードで
す!

■連続小説 せいやさん(一四)
        文:ワーグナー
 しゃぼん玉が割れて、せいやさんはパラソルを
ひらきました。ハシラサボテンの女王から賜った
パラソルです。
 せいやさんは風に吹かれて、右に揺れ、左に揺
れて、すとんとまっ白でぴかぴかの石畳のうえに
着地しました。
 三番目の国はオキナウミガメたちが治める「苔
の王国」です。
 せいやさんは以前からずっと、この国にくるの
を楽しみにしていました。オキナウミガメたちに
聞いてみたいことがあったのです。
 オキナウミガメたちはその生涯を死に捧げます。
生まれ落ちたときから、死の準備を始めています。
 成人する日に一編の詩を書き、人生の節目ごと
にそれを改訂するのが彼らの習わしです。それは、
自らの墓石に彫るための詩です。それに彼らは誕
生日を迎えるたび、「あるパーティで行うイベント」
をひとつずつ書き足し、実現のための準備をしま
す。そのパーティというのが、お葬式だというの
です。
八種の民の中でもっとも長い寿命を持つ彼らが
誰よりも死を意識しているのは、興味深いことで
した。

■善行発表会

発表者:ホール
「違法駐車のドライバーに注意を促しました」
 先日、私は違法駐車の車両を見つけました。
 違法駐車は不特定多数の人に迷惑がかかる
悪い行いですので、注意せねばなりません。
 ただ、ドライバーさんに直接注意をしたの
では取り合ってもらえない可能性が高く、激
昂された場合には暴力沙汰に発展する危険も
あります。かといって車を物理的に移動させ
るのは無理があります。
 そこで私は、現場から離れたホームセンタ
ーまで急いで赴き、錐を購入してきて車をパ
ンクさせました。この手段でしたら人を傷つ
けておりませんので平和的ですし、タイヤの
交換さえすれば元に戻りますのでドライバー
さんにとっても損失は小さく、素直な心で自
らの行いを反省していただけます。
 以前の善行発表では「車の窓を割る」とい
う方もいらっしゃいましたが、ガラスが周囲
に散らばると危険ですので、私はお勧めしま
せん。
 私の行いの方が、より善いものであります。
 私は、正しました。

発表者:カーライル
「子供の教育に貢献しました」
 近頃の社会では人と人との繋がりが弱くな
っているせいもあり、誤った行動をする子供
に的確な注意をする人間が減っているように
思います。個人主義の弊害であり忌むべき事
態です。
 先日、私は近所の公園で子供たちが携帯ゲ
ーム機を使って遊んでいる場面に遭遇しまし
た。
 一見すると微笑ましいことですが、悲しむ
べきは彼らの会話から、そのゲームが暴力的
表現の多数収録されたものであるとわかって
しまった点です。幼い子に有害メディアが与
える悪影響は計り知れません。
 そこで私は子供たちからゲーム機を取り上
げ廃棄しました。そもそもせっかく公園に来
ているのにゲームばかりしているというのも
問題でしたので、二つの点で彼らを是正でき
たと言えるでしょう。責任ある大人として当
然のことをしたまでですが、嬉しく思います。
 私は、正しました。

発表者:オットー
「夏の夜にそぐわない騒音を排除しました」
 夏の夜は静かに暮らしてこそ風流というも
のです。他人に迷惑をかける騒音など、もっ
てのほかです。
 私の近所には、ほぼ毎晩、騒音を流してい
る家がありました。若者の夫婦が住んでおり、
どうやら友人を招いて宴会をしているようで
した。夜なのに窓を開けており、話し声だけ
でなく大音量の音楽も流していました。近隣
の住民全員が不快に思っていることは明白で
あり、迅速な是正が必要でした。
 そこで私は、開いている窓から生ごみを投
げ入れ、意思を示しました。それを2日繰り
返すと彼らは窓を閉めるようになりました
が、まだ騒がしいことに変わりはなかったの
で、続いて玄関の前にごみを丁寧に、いくつ
も並べました。翌日から、宴会は開かれなく
なりました。
 この行為にはいっさい金銭も言葉も使って
おらず、とてもスマートに事態を是正できま
した。
 私は、正しました。

■次回発表者

いよいよ新人のドイルさん登場!
次の発表会は実験的にWEBで生放送をします。
みなさま、ぜひご覧ください!
-----------------------------------------------------------------------------

聖夜通信7月号2 聖夜通信7月号1 新聞4 クロス解答 Q.ワクノモジハ?【A.田】

新聞1 新聞2 新聞3 聖夜通信1 聖夜通信2 聖夜通信3 聖夜通信4
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメントの投稿
URL:
COMMENT:
編集用PASS【任意】:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL