2014/12/24(水) 23:50 【 EDIT

ファイル2【ひとつの石から Primzahl を拾え】

ファイル3【冬山も素数意識かな】
ファイル4【♪】
ファイル5【名画→名】
ファイル1【8/8 5/6 2/9 4/6 5/5 6/8 6/6 3/8 6/9】
-----------------------------------------------------------------------------
制作者からの贈り物、本「アインシュタイン 150の言葉」。
from制作者本1 from制作者本2 本には太陽の印が幾つも残されていた。
ドイツ語で「ひとつの石」は「アインシュタイン」、「Primzahl」は「素数」
【キーのひとつは太陽が照らす文字にある。双子の差が重要だ。】 ※ファーブルの視点
以上の点より、素数の表題(2、3、5、7、11、13、17、19、23、29、31、37、41、43、47、53、59、61、67、71、73、79、
83、89、97、101、103、107、109、113、127、131、137、139、149)を抜き出し、太陽の印が押された文字を繋げる。

1番の言葉の「天」「人」 2「は」「っ」「て」 3「な」 4「わ」「た」「し」「の」 5「い」「し」 6「時」 7「い」「る」 8「今」「は」 9「悪」「魔」 10「絆」 11「が」 12「が」「そ」 13「た」「す」 14「は」「友」「人」 15「が」「望」
16「ま」「た」 17「う」 18「う」 19「在」「る」 20「の」 21「と」「が」 22「幸」「い」 23「。」 24「あ」「り」 25「正」 26「同」 27「独」 28「人」「と」 29「ち」 30「た」 31「か」 32「あ」「う」 33「る」「け」 
34「?」 35「先」「が」 36「を」「わ」 37「い」「一」 38「物」 39「は」「人」 40「数」 41「つ」 42「い」 43「の」 44「特」「徴」 45「不」「足」 46「永」「遠」 47「く」 48「る」 49「性」 50「命」
51「放」 52「た」 53「み」「の」 54「抗」 55「う」 56「心」「が」 57「問」「う」 58「な」 59「、」 60「で」「あ」「る」 61「す」 62「に」 63「美」 64「ま」 65「驚」 66「こ」「と」 67「べ」 68「ば」
69「切」「な」 70「い」 71「て」 72「考」 73「で」 74「ず」 75「未」「来」 76「背」「く」 77「と」 78「に」と「1」の間にスタンプ 79「そ」 80「数」 81「つ」 82「個」 83「の」「あ」 84「た」「い」 85「り」
86「が」 87「し」 88「か」 89「い」「た」 90「と」「っ」「て」 91「も」 92「鼻」 93「が」 94「明」 95「る」 96「い」 97「に」 98「か」 
99「お」 100「り」 101「は」 102「え」 103「い」「っ」「て」 104「る」 105「な」 106「い」 107「い」 108「は」 109「る」 110「の」 111「は」 112「な」「き」 113「た」「い」 114「と」 115「き」
116「人」 117「の」 118「道」 119「が」 120「信」「念」 121「に」「な」 122「る」 123「よ」「い」 124「こ」 125「に」「な」 126「る」 127「よ」「う」 128「三」 129「つ」「の」 130「あ」 131「を」
132「め」 133「常」 134「に」「口」 135「に」  136「入」「れ」 137「ヨ」 138「な」 139「め」 140「ク」 141「た」「味」 142「は」 143「心」「の」 144「中」「に」 145「ベ」 146「の」「思」
147「い」「で」 148「読」「者」 149「。」 150「に」


→はってないしいるがたすう在る。ちかい一つのくみの、すべてでそのあいたにはいっているたいようをヨめ。

from制作者本3 from制作者本4 from制作者本5 from制作者本6

天人はってなわた「し」のいし時いる今は悪魔絆ががそたすは友人が望
またうう在るのとが幸い。あり正同独人とちたかあうるけ?先がをわい「二」物は人数つい
の特徴不足永遠くる性命放たみの抗う心が問うな、であるすに
美ま驚ことべば切ないて考でず未来背くと1そ数つ個のあたいりがしかい「だ」
とっても鼻が明るいにかおりはえいってる
ないいはるのはなきたいとき
人の道が信念になるよいこになるよう三つのあ
をめ常に口に入れヨなめクた味は心の中にベ「ル」の思いで読者。に ※「」内が1冊目と異なる部分


→はってないしいるがたすう在る。ちかい「二」つのくみの、
 すべてでそのあい「だ」にはいっているたいようを「(137、139なし)」。 ※「」内は1冊目と異なる部分

17-19:シールa シールのページa →18「う」
59-61:シールb シールのページb →60「である」
137-139:シールc シールのページc →138「な」

貼ってあるシールより双子素数(差が2である2つの素数の組)と推測。
(3,5)(5,7)(11,13)(17,19)(29,31)(41,43)(59,61)(71,73)(101,103)(107,109)(137,139)(149,151)
に挟まれた表題において、該当する文字を繋ぐ。

4、6、12、18、30、42、60、72、102、108、138、150→わたしの時がそうたいである考えはなに
→【回答】相対性理論(そうたいせいりろん)
-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメントの投稿
URL:
COMMENT:
編集用PASS【任意】:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL