2016/06/04(土) 15:01 【 EDIT

【ミッション 4】忘れたフリ【END】

散々、迷って。

「今までどおりのミッション」を選んだ。

きっとこれからも穏やかな日々が続く。

そう、信じていたから。

4-1.png 【ミッション4(-1)】 この暗号を解け。ただし正解は意味のある言葉には見えない。


この暗号の解読は・・・。

4-2.png 【ミッション4(-2)】

先ほどの答えをこの場所で調べ、彼の誕生日を調べろ。答えは「20160525」のように数字のみで入力すること。


開かれた窓の先を確かめる。

「乗りかけた船には、ためらわず乗ってしまえ」
「おそらくあなたは永遠に登らないでしょう」

人間味を感じるようでいて、どこか機械的な印象が拭い去れない。

そして回答を済ませた瞬間に感じたのは、たとえようのない違和感だった。

4-3.png 【すべての回答を受け取りました】

・・・すべて?

しかしミッションは続いているように見える。

いいえ、そう見えただけ。

4-4.png  【おめでとう!】 

あなたは見事に「アルティメット・ミッション」をクリアしました。
あなたにはぜひ、より高度なミッションに取り組んでいただければと思います。

なお、再びゲームにチャレンジするには、このあとに表示される「リセット」を選び、新たにゲームを始めていただくことになります。ご承知おきください。

それでは再びあなたとゲームの中で会えることを楽しみにしています。

パペットマスターより

4-5.png 【YOU'RE AN EXCELLENT PLAYER!】


平穏な日々を望んだ。

その選択をただの一度も後悔しなかった、と言えば嘘になる。

ただ、誰かの声が脳裏を過ぎったから。

”青色を選択していたらどうなったかを知ることはできませんが……。”

代わりに確かめたからと言って、何がどうなるワケじゃない。

見届けたい、と願ってしまっただけ。

リセット 【リセット】

ワタシはいったい何処へ向かっているのだろうか。

ためいきをひとつ。

そしてすべて忘れたフリ、をした。

【リセット】→ 最初からやり直す / 【ミッション 2】まで戻る


-------------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト
コメントの投稿
URL:
COMMENT:
編集用PASS【任意】:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL